アングラ好きにおすすめしたい漫画「うなぎ鬼」が面白い

「知ってるかい?うなぎってのはタンパク質ならなんでも喰っちまうんだそうだ。なんでもだぜ」

意味深なセリフで始まる漫画「うなぎ鬼」

借金を肩代わりされてヤクザ稼業を手伝う男性が、死体運びまがいのことをさせられてそこからある事件に巻き込まれていくという漫画。

ミステリー漫画好きにはおすすめしたい一冊です。今回は漫画「うなぎ鬼」を紹介します。それではどうぞ!

うなぎ鬼のあらすじ

借金に苦しんでいた倉見勝は借金取り立ての事務所で千脇という男性に出会います。

彼は倉見の体格の良さを買い、借金を肩代わりする代わりに千脇の仕事を手伝うように命令します。

千脇の仕事というのは、売春の斡旋などの裏稼業。慣れない仕事でしたが、真面目に働くことで借金を返していきました。

仕事にも慣れてきたところで、ある日千脇から特別手当の付く仕事をしてくれと頼まれます。

その仕事というには、重さ50~60kgのコンテナをマルヨシ水産という社長の弟が経営している工場へ運ぶこと。ただ、それだけ。それだけの作業なのに1回当たり15万円の日当が付きます。

 

不審に思いながらも借金を返済するために、この仕事を引き受けることにした倉見。

一度、顔合わせのためにマルヨシ水産を訪れた彼ですが、そこの従業員の異様な姿にかなりまずい仕事なのでは・・・と考えるようになります。

うなぎ鬼の面白さ

この漫画の面白いところは短い話しでありながら、かなり濃厚なサスペンスドラマを観ているような感覚に陥ることです。

マルヨシ水産があるクロムという土地は、かなり異質な場所のようで初めて訪れた倉見は怖気付いてしまいます。

そして、初めてコンテナをマルヨシ水産に運ぶわけですが、指定された時間も夜。コンテナの重さもちょうど人間と同じ重さであることや報酬の高さから死体処理の片棒を担がされているのでは・・・と不安になっていく倉見の描写にこちら側も引き込まれてしまいます。

ここで、冒頭のセリフがずしんとのしかかってくるわけです。

「知ってるかい?うなぎってのはタンパク質ならなんでも喰っちまうんだそうだ。なんでもだぜ」

マルヨシ水産は人間を処理するために鰻の餌として使っているのでは?と怖い想像をしてしまいます・・・

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、アングラな世界観が面白い漫画「うなぎ鬼」を紹介しました。

全3巻とサクッと読める漫画ですが、かなり面白いです。

マルヨシ水産の正体は?と続きが気になる漫画でもあります。まだ読んだことがない人はぜひ読んでみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料対象の試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
※1日に無料で読める話数には上限があります。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事