UROKO

-目からウロコな記事書いてるかも-

*

Twitterでブロックやフォロー解除し辛い相手にはミュートで対策する

   

Twitterをしているとフォローされてフォロー返しをしますよね。

リアルの友人や知り合った人と相互にフォローする機会もあるかもしれません。しかし、フォローするということはその人のつぶやきが自分のタイムラインに流れてくるということ。

実際にフォローすると「この人のつぶやきウザイ・・・」「この人のつぶやき何か嫌だな・・・」というケースもあるかもしれません。

その場合は、フォローを外したりブロックでタイムラインに流れないように出来るのですが、フォロー外しやブロックすることがまずい場合もありますよね。

特にリアルの知人や友人、会社の同僚などはフォロー外しやブロックはバレるとまずいですよね。

今回は、タイムラインに表示させないようにしたいけど、フォロー外しなどができない微妙な相手に対して有効なTwitterのミュート機能を紹介します。それではどうぞ!

スポンサーリンク

Twitterでブロックやフォロー解除し辛い相手にはミュートで対策する

フォロー外しやブロックは少し危険

相手のウザいつぶやきを見たくないなら、フォロー外しかブロックすればいいじゃんという話にもなりますが、全く面識のない相手ならまだしも、知り合いにこれをやってしまうとマズイ場合もあります。

 

まず、フォロー外しをすると相手からするとフォロワーが1人減ることになります。数万アカウントからフォローされているアカウントならすぐに気づくことはないと思いますが、フォロワーが少ないアカウントだとバレる可能性もあります。

フォロワー一覧から、あなたのアカウントがいなくなるわけですから。相手がフォローチェックのようなアプリを利用していれば、数万フォローがあるアカウントでも一発でバレます。

 

対してブロック機能ですが、これもリスクが高いです。パッと見た感じではフォローが外れるわけではないので、バレるリスクが少なそうですが、通知やDMなども全てブロックされるため仮に相手が何らかの連絡を取ってくるとこちらは気づけません。

 

相手からするとリプやDMを送っているのに、返事がない→ブロックされてる?と鋭い人ならすぐに気づきます。

 

ブロックしていることをバレたくない微妙な相手にはミュートがオススメ

では、このような場合にはどうすればいいのでしょうか?

ブロックしていることがバレたくない微妙な位置の相手にはTwitterのミュート機能がオススメです。

ミュートは簡単に言うと、相手のつぶやきをタイムラインから除外することです。もちろんフォロー関係はそのままです。

 

でも、それってブロックと同じなのでは?と思うかもしれませんが、先ほど説明したようにブロックをするとタイムラインのつぶやき以外にも、リプやDMも全てブロックしてしまいます。

 

ミュート機能がブロックと違うのは、タイムラインのつぶやきだけをシャットダウンしてリプライやDMの通知は届くようにしてくれます。

 

以前はこの機能はなかったのですが、アップデートに伴い実装されました。この機能は本当に便利。

全く面識のないアカウントから暴言や不快なコメントがあった場合はブロックが適任ですが、今回のケースのようなフォロー外しができない微妙な人間関係だけど、とりあえずつぶやきがウザい人にはミュートが1番良い方法だと思います。

 

Twitterでミュートする方法

それではさっそく、Twitterで特定のアカウントをミュートする方法を見ていきましょう。

方法と言っても、とても簡単で

ミュートしたいアカウントページ→歯車アイコンをタップ→ミュートする

これだけの操作です。

 

実際の画面でも見ていきます。

 

一度、ミュートをしてしまった相手でも同じ操作でミュートを外すこともできます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、Twitterで特定のアカウントをミュートする機能を紹介しました。

フォロー外しやブロックができない微妙な距離感の相手にはミュートをオススメします。

 

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは新しくリリースされた『マンガほっと』です。
ドラマ化された原作漫画や北斗の拳などの名作を無料で読むことができます。
驚きなのが全話無料開放されている作品もあり、今なら初回インストールで100話分のライフがプレゼント中です!
Android版をインストール
※配信期間が終了している場合もあります

スポンサーリンク

 - SNSアプリ

スポンサーリンク

  関連記事

↑PageTop