twitterアプリで自分がブロックしたユーザーを確認する方法

twitterを利用しているとユーザーをブロックしたり、ミュートにする場面が出てくることがあります。(ちなみに当アカウントではブロックしていません)

特にtwitter界隈でフォロワーが増えたりすると、一定数のアンチも出てくるようでそんな時にtwitterのブロック機能を使ったりするようです。

特にブロック数に制限はないのでたくさんのユーザーをブロックした場合、あとでブロックしたユーザーを一覧で確認する方法を紹介します。

 

ブロックとミュートの違いとは?

まずはブロックとミュートに関してのおさらいです。

ブロックとは?

文字通り、相手をブロックすることです。ブロックすることで、相手はあなたへのフォローやツイートを閲覧したりリツイートしたりなどのすべてのアクションが制限されます。

全てのアクションが制限されるので、ブロックされた相手はかなりの確率で相手が自分をブロックしていることに気づきます。

 

ミュートとは?

オーディオとかにも使われる言葉ですが、無音とか音を出さなくする場合などに使われます。twitterでミュート機能を利用すると、相手のツイートがタイムラインに流れなくなり無視することができます。

相手側からすると、特にあなたへのアクションが制限されないのでブロックと違いミュートは相手に気づかれません。

 

ユーザーをブロックする方法

それでは相手をブロックする方法を紹介します。

方法はとても簡単で、相手のプロフィールページやツイートページに遷移し画像のボタンをタップ→『ブロック』を選択するだけで相手ユーザーをブロックすることができます。

IMG_1553 copy

IMG_1554 copy

ミュートも同じように『ミュート』ボタンをタップするだけで選択できます。

 

自分がブロックした相手を確認する方法

それではここから本題の、『自分がブロックした相手を確認する方法』を紹介します。

方法はとても簡単です。

まず、自身のプロフィールページへ遷移し

歯車アイコン>設定>『ブロックしたアカウント』を選択します。

IMG_1555 copy

IMG_1556 copy

こちらで自身がブロックしたアカウントを一覧で確認することができます。

『ミュートしているアカウント』を選択すれば、同じように現在ミュートしているアカウントが一覧で表示されます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、ブロックやミュートにしたアカウントをその後一覧で表示する方法について紹介しました。

自分がブロックしたアカウントは該当のアカウントページに移動するか、一覧で取得しないと確認できないので参考にしてみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『サンデーうぇぶり』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する新しい漫画アプリで『名探偵コナン』や『犬夜叉』ドラマで人気を博した『今日から俺は』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが読めば読むほど無料漫画が読めるという漫画アプリ初のレベルアップ機能で、使い込めば使うほど無料枠が増えます!
Android版をインストール

関連記事