漫画『転生したらスライムだった件』が面白い

転生したらスライムだった件(1) (シリウスコミックス)


伏瀬先生原作によるライトノベル『転生したらスライムだった件』が面白いです。

原作がライトノベルなのですが、月刊少年シリウスで漫画化した本作ですが漫画でも小説の世界観そのままに再現されており面白いです。

現実世界の37歳独身男性が転生をすると異世界なのですが、なぜかスライムとして転生します。

そのスライムの冒険活劇を描いた漫画『転生したらスライムだった件』を紹介します。それではどうぞ!

 

『転生したらスライムだった件』のあらすじ

後輩と食事に行く途中で通り魔に刺されてしまった主人公。

主人公が目覚めた先は異世界、しかもスライムに転生してしまいます。

 

しばらく洞窟の中を彷徨っていたのですが、そこである者と出会います。

それは世界に4体しかいない伝説の魔竜・暴風龍ヴェルドラ。最強の龍と言ってもその昔勇者に封印されてから一歩も動けず話し相手が欲しいようで・・・

 

そこでこのスライムはヴェルドラの封印を解く手伝いをすることになります。

この時にお互い名前をつけ合うのですが、主人公はヴェルドラからリムル=テンペストの名をもらいます。

tenseisitara1

そして、ヴェルドラを体内に取り込み、体内でヴェルドラの封印解除のための解析を手伝うことに。かくして最強の龍を体内に宿したスライム(元人間)は外界に出て行くのでした。

 

外の世界はRPGの世界そのままでリムルが向かったゴブリンの村では狼族の襲撃を受けて壊滅状態でした。

ゴブリン族の頼みを断れずに狼族と対峙するリムルですが、これを撃退。

これを機にゴブリン族と狼族が配下に加わることになります。

tenseisitara2

実はこれと同じように世界ではパワーバランスが崩れ始めていました。原因は封印されていた魔龍が突然、失踪したため。

これは・・・リムルがヴェルドラを連れ出したからです。

見た目はスライムだけど最強の力を宿すスライムの冒険を描いた漫画です。

 

もとは小説投稿サイトの作品

内容が異世界に主人公が迷い込むという鉄板ものなのですが、転生先がスライムというのがユニークで面白いです。

作者の伏瀬先生は本業はサラリーマンで、仕事の繁忙期と閑散期の差が激しく時間を持て余していたため小説を書くことを思い立ったそうです。

その小説がたくさんの人の目に触れ、漫画化もされるようになったとは・・・すごいですね。

ちなみに漫画版の第1巻は発売から2ヶ月で10万部を突破し、原作ノベルズは重版出来もするという勢いです。

ニコニコ静画で連載が決定しているので興味のある人は読んでみてください。

http://seiga.nicovideo.jp/comic/18466

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、ライトノベルからコミック化された漫画『転生したらスライムだった件』を紹介しました。

まだ読んだことがない人で、異世界系のアドベンチャーが好きな人は気に入る作品だと思います。ぜひ読んでみてください。

 

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料対象の試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
※1日に無料で読める話数には上限があります。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事