アドセンスはそこそこだけど、アフィリエイトは全然ダメという人に試して欲しい2つの方法

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ana2

サイトやブログを運営する上で運営者が気になるのは、PVと収益の二つではないでしょうか。サイトやブログを運営するのって結構大変なんですよね。

 

なので、長く継続するための理由というかモチベーションが必要になってくるのですが、せっかく運営しているのならばたくさんの人に見て欲しいし、出来れば収益も上げたいというのが運営者の本音だと思います。

そして、サイト収益の柱は主に2つあります。それは『アドセンス広告』と『アフィリエイト広告』です。

今回は、アドセンスでは収益が上がっているけれどもアフィリエイト広告では収益が上がってないという人向けの記事です。

 

まずは広告のおさらいから

まずはブログやサイトの収益となる広告のおさらいをしてみましょう。

アドセンスとは、グーグルが運営するクリック保証型の広告のことを指します。他にもnendや忍者アドマックスなどクリック保証型の広告はたくさんありますが、やはりアドセンスが収益・広告量から見てもピカ一です。

 

サイトに訪れた人が、その広告をクリックするだけで収益が上がります。しかもアドセンスのコードを貼り付けるだけで記事とマッチングした広告を表示してくれるので、サイト運営者は一度コードを貼り付けてしまえばそれだけで収益を上げることができます。

 

そして、もう一つの広告収益の柱が『アフィリエイト広告』これは、運営者がA8などのASPに登録をして自分で選んだ広告をサイトに貼り付けることができます。

アドセンスと違う点は、2つ。

一つは、成果報酬型の広告であること。これは、クリックをすれば収益が上がるというものではなくクリックした後にさらにもう一歩踏み込んで何らかのアクションがあって初めて収益があがります。

例を挙げるならば、ダイエットサプリを紹介する広告を貼り付けてユーザーが商品を購入したとかですね。

 

クリックだけで収益が上がるクリック保証型の広告に比べて、アクションが一つ多くなるので成果報酬型の広告は成約に繋がりにくいです。

そして二つ目の違う点ですが成約につながり難い反面、報酬額はアドセンスの比になりません。報酬が1件1000円とか、5000円の報酬がゴロゴロ転がっています。

 

アドセンスよりも敷居が上がりますが、それだけ旨味のある広告と言えます。

 

アフィリエイト広告の視点を変えてみる

上で述べたようにアフィリエイト広告を成約させるには、様々な仕掛けが必要になってきます。キーワード選定を取り入れたSEO対策や、訪問したユーザーから成約を得るためのニーズ喚起→不満のあぶり出し→クロージングなどです。

もちろん、ゴリゴリのアフィリエイトサイトに特化したブログにしても良いと思いますが、今回はアドセンスでは一定の収益が上がっているけど、今いちアフィリエイト広告で収益が上がらない・踏み込めない方のためにアフィリエイト広告で収益を上げる方法を紹介します。

筆者自身、アドセンスで一定の収益は上がっていたもののアフィリエイト広告はイマイチでした。しかし、後述する方法を取り入れることでアフィリエイトでも面白いように収益が上がるようになったのでぜひ参考にしてみて下さい。

方法はシンプルに二つです。1つ目が、成約の敷居を下げること、2つ目が広告の選定を適切に行なうことです。順を追って説明していきます。

成約の敷居を下げる

成果報酬型はアドセンスに比べて、敷居が高くなることは説明しましたが視点を変えて成果報酬の敷居を下げてみましょう。

例えばダイエット情報が掲載されたサイトを運営しているとして、ダイエットサプリの広告を導入するとします。1つ5000円位の商品の広告を貼り付けてそこから成約するには、けっこう敷居が高いと思います。では、ダイエットサプリのサンプルを配布する広告ならどうでしょうか?無料のダイエットサポートアプリのインストールならどうでしょうか?

5000円のサプリを購入しないと成約にならない広告よりもぐっと敷居が下がったと思います。敷居が低くなった分、報酬額も低くなりますが、それでもアドセンスの報酬よりは全然高いです。

広告の選定を適切に行なう

2つ目の方法がとても大事なのですが、自分のサイトに訪れるユーザーにマッチした広告を選ぶということです。

自分のサイトに訪れる男女の割合や年代は把握していますか?ユーザーにマッチングした広告を選定するためには、サイトに訪れる訪問者の属性を知ることが必要です。

逆に、マッチングした広告を選ぶことが出来ればアフィリエイトで収益を上げるのは難しくありません。なぜなら、すでにアドセンスで一定の収益が上がっているのにアフィリエイト広告で収益を上げれない道理はないわけです。

アドセンスで収益が上がるのに、アフィリエイトで収益が上がらないのは単に選定した広告がユーザーにマッチしていないだけです。

それでは実際に自身のサイトに訪れるユーザーの属性や、どういった広告が良いのかを調べるにはどのようにすれば良いのでしょうか?次項で順を追って説明します。

 

アナリティクスとアドセンスでリサーチする

アフィリエイト広告でユーザーにマッチした広告を探すために必要なのは、選定基準となる情報です。データに裏づけされた情報があれば、たくさんあるアフィリエイト広告の中から自分のサイトにマッチした広告を選ぶことができます。

アナリティクスでリサーチする

それでは実際にアナリティクスを使った分析方法を紹介します。ここで、得られる情報は性別・年代・デバイスです。

まずアナリティクスのダッシュボードを開いて、ユーザー>ユーザーの分布>年齢を選択してみて下さい。

shueki

当サイトでは25~34歳のユーザーが全体の半数を占め、次いで18~24歳のユーザーが全体の1/4を占めていることがわかりました。
shueki2

次に、ユーザー>ユーザーの分布>性別を選択します。当サイトでは男性よりも女性の割合の方が多いことが分かります。これは私も意外でした。

それでは次に、サイト訪問者はパソコンからアクセスしてきているのか、スマホからアクセスしてきているのかを調べてみます。

ユーザー>モバイル>サマリーを選択します。

すると、アクセス別のデバイス情報が表示されます。当サイトだとこんな感じ。

shueki3

スマホの割合が8割を超えています。残りの2割はパソコンとタブレットからのアクセスでした。

さらに突っ込んで、スマホはiphoneなのか、Androidなのかを見ていきます。ユーザー>モバイル>デバイスを選択します。

1位がiphoneで全体の6割を占めていました。2位もipadとアップル勢が優勢です。

shueki4

ここまで、

男性よりも女性が多い

年代は25~34歳の世代がメインターゲット

デバイスはパソコンよりもスマホの方が多い

という情報が分かりました。ぼんやりとどんな広告を選択するべきかが見えてきたのではないでしょうか。女性が多いといっても、40代向けの化粧品の広告を貼っても意味がないですよね。スマホからのアクセスが8割を超えていることから、スマホアプリの広告とも相性が良さそうです。

さらにここからアドセンスを活用してどんなジャンルの広告に絞っていけば良いのかを見ていきます。

 

アドセンスでリサーチする

アドセンスはそのコンテンツにマッチした広告を自動で表示してくれます。ということは、アフィリエイト広告を選定する時でもアドセンスで収益を上げている広告を選べばいいわけです。

では実際にアドセンスで収益を上げている広告はなんなのかをリサーチしてみます。まず、アドセンスの管理画面にログインします。ここから、広告の許可とブロック>一般カテゴリを選択してください。

shueki5

カテゴリーごとの収益の割合が表示されるので、これを基にリサーチしていきます。

広告表示回数の割合』というのは、過去30日間でアドセンスで表示された広告ジャンルの割合です。

収益額の割合』というのは、全体の収益に占める広告ジャンルの割合です。広告表示回数の割合が多いにも関わらず、収益額の割合が低いものは、マッチしていない広告と言えます。

当サイトでは『アート・エンターテイメント』や『ニュース・メディア・出版物』の広告収益が良いことが分かります。

その反面、『スポーツ・フィットネス』の割合は低いですね。例えば、25~34歳代の女性に向けてヨガなどのフィットネス系の広告を打ってもあまり効果は得られないというわけです。

それ以外にも、『家族・コミュニティ』の収益も良いことが判明しました。これはミクシィなどのsnsアプリとかですね。これは全く予想していなかったので、意外なデータでした。

アナリティクスやアドセンスから得た情報を分析すると、当サイトでは下記のような広告が相性が良いといえます。

・女性向けの広告

・漫画に関連した広告

・動画などのエンタメ系の広告

・sns系の広告も意外といける

こういって得た情報をもとにA8などのASPで広告を探していけばよいわけです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。アドセンスで収益は上がっているけど、アフィリエイトで収益が上がらない人はここで紹介した2つのことを試してみて下さい。

・成約の敷居が低い広告を選ぶ

・アナリティクスやアドセンスのデータを元に、広告の選択をする

この2つを意識するだけで、収益は驚くほど改善しますし取り入れたところ実際に効果がありました。ぜひ参考にしてみてください。

無料で使えるオススメの漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『ピッコマ』です。
すでに500万ダウンロードを突破していて、無料で漫画を読むことができる、しかも広告なし!というコンセプトが面白いです。
進撃の巨人や亜人など漫画好き必見のアプリです。オススメ!
Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.