勉強や仕事の作業効率アップ!集中力を高める方法5選

shuchu

勉強においても仕事においても、集中力を持続させるのは難しいですよね。気が付けば、スマホをいじったりサイトを閲覧したり誘惑が多すぎてなかなか集中できないことはよくあると思います。

しかし、このままではマズイと誰しもが感じているはずです。特に試験が近い人や、仕事の納期がすぐの人は痛烈に感じていると思います。

そこで今回は勉強や仕事の作業効率をアップする、集中力を高める方法を紹介します。それではどうぞ!

 

脳のパフォーマンスを良くする

どんなに集中できる環境や方法を取り揃えても、ベースとなる脳がしっかり働いてくれなければ意味がありません。徹夜をして全く頭が働かない状態では、いつものパフォーマンスの1/10も発揮できないでしょう。

 

常に最高のパフォーマンスで集中力を発揮できるように、6時間以上の睡眠は確保するように意識しましょう。

イギリスの研究で、徹夜組で勉強をさせるグループと、ある程度の時間で切り上げて睡眠を取らせたグループとでは成績に開きがあったそうです。もちろん睡眠をしっかり取ったグループが成績を上げました。

 

本人もうっすら自覚しているはずです。徹夜をしている時は、最悪のパフォーマンスで勉強や仕事をしているので効率がかなり悪いと。徹夜しなくてもいいように、事前に余裕を持ったスケジュールを組むと良いでしょう。

 

ガムを噛む

オフィスでガムを噛むのはあまりよろしくありませんが、噛める環境で勉強や仕事が出来るのならガムを噛むのは効果的です。よく野球選手もやっているように、ガムを噛むという反復動作は集中力を高めてくれます。

 

試しにコンビニでガムを買ってきて噛みながら作業をしてみて下さい。集中力が上がっているのが分かると思います。私は集中力が落ちてくると、ガムを噛むようにしています。

かなりの量を噛むので刺激の弱い、糖分控えめのガムをオススメします。ちなみに、キシリトール入りのガムはあまり噛みすぎるとお腹が緩くなるので、注意して下さい。

 

α派の出る音楽を聴く

ガムで集中力を高めた後は、さらに聴覚にアプローチして集中力を高めてみましょう。集中力アップに効果のある、クラシックなどがオススメです。外の世界と意識を切り離すためイヤホンを着用して作業をすると、より没頭できると思います。

個人的に作業に集中したい時は、youtubeなどから集中力を高める音源を探してきます。よく自分が聞いているオススメの音源はコチラ↓

 

自分の中で小さな目標/ルールを決める

作業をする時にただ漫然とダラダラやるのではなく、メリハリを付けて作業を行なうと集中力は持続します。例えば、単語を100個覚えるまで休憩なし、todoを10個消化するまで机から離れないなどです。

今日一日でここまで作業をするというよりも、もっと短時間で区切ると効率良く進行できると思います。

 

自分の集中力が持続する時間を把握する

人間の集中力は個人差はありますが50分程度が限界と言われています。集中力が落ちた状態でダラダラ2,3時間勉強すよりも、50分行って休憩⇒50分行って休憩とメリハリのあるタイムテーブルを意識した方が作業効率は上がります。

 

あの発明王のエジソンは幼少期、集中力が5分ほどしか持続しなかったそうです。授業中になぜ1+1は2なの?とKYな質問を連発し授業の進行を妨げたため、小学校を退学になります。

しかし、エジソンの母親が短時間でしか集中力を発揮できないエジソンのためにタイムテーブルを立てカリキュラムを組み、家庭教師としてエジソンに教育しました。

その後の話しは皆さんのご存知のように、電球や蓄音機などの人々の生活を一変させる物を発明する発明王に成長します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。集中力が低下している状態で、ダラダラ作業を続けることほど無駄なものはありません。

集中力を高め、作業の質を高めることこそ効率アップの近道だと思います。簡単に始めれることばかりですのでぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事