アイロンがけ不要!しわにならない洋服の干し方

sentaku

洗濯って手間がかかりますよね。洗濯物をして、干して取り込んでそしてアイロンがけをして・・

ただでさえ手間がかかる家事の一つですが、洗濯物を取り込んだ後のアイロンがけを省くことができれば負担を軽減できるはず。洗濯シワになりにくい、洋服の干し方のコツを紹介します。

 

洗濯物を干す前にいったんたたむ

たたむといっても、キレイにたたむ必要はありません。半分→半分といった具合で大丈夫です。室内でざっとたたんだ後、洗濯カゴに入れて室外へ持って行き干していくと良いでしょう。

この一手間をかけることで乾いた時の仕上がりが変わってきます。

 

干す前に叩いてシワを伸ばす

洗濯物を干す際に、風の力を利用してシワをのばす方法をしている人は多いと思いますがこれに『叩き』を追加してみて下さい。

 

洗濯物を振ることで大きなシワが取れ、洗濯物を叩くことで小さなシワを取ることができます。叩く力はさほどいりません。特に目立ちやすい、シワになりやすい部分を手のひらでバンバンと叩いてください。

 

洋服のタイプに応じて適切に干す

一回の洗濯でワイシャツであったり、ズボンであったりと色々な種類の洋服を干すと思います。それぞれのタイプに応じた適切な干し方を実践することで、乾いた後の仕上がりが違ってきます。

 

ワイシャツ:全てのボタンをしっかり留め、襟首を立て逆さに干しましょう。お腹の所よりも首元の方が重量としては重いです。あえて、重いほうを下にすることで重力を利用してシワを伸ばしていきます。

ズボン:ズボンもワイシャツと同じく逆さに干しましょう。ポケット部分は乾きにくい箇所なので、中の布地を外に出して干しましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。洗濯物を干す際に少しの手間を加えることでその後の家事が楽になります。ぜひお試しあれ。

関連記事