在宅勤務やリモートワークを成功させるために覚えておきたい5つのtips

remote

昔は仕事をするというと、スーツに着替えて満員電車に揺られながら出社しオフィスで仕事をするというのが一般的でしたが、今ではかなり状況が変わってきました。

インターネットの普及やクラウドサービスの充実などにより、会社に出社せずとも在宅勤務が可能な時代になりました。

 

これにより主婦の方でも自宅いながら仕事が出来たり、オフィスを持たなくてもリモートワークでプロジェクトを進めることが出来るなど仕事の幅が広がったと思います。

しかし、在宅勤務やリモートワークにもデメリットがあるのも事実です。今回は在宅勤務やリモートワークを成功させるために覚えておきたいtipsを紹介します。それではどうぞ!

 

リモートワークのメリット・デメリット

まずtipsを紹介する前に、在宅勤務やリモートワークを行なうことのメリット・デメリットに触れたいと思います。

まずメリットは勤務地に制限されずに仕事が選べる・人材が確保できるということです。そして、出勤という時間の制約を受けないので決まった時間に出社し、上司が残っているからなんとなく残業するという非生産的なこともやらなくて済みます。

 

言語の壁がないと仮定すると、世界中の人間とチームを組んで仕事をすることができます。

英語を話せる人であれば、かなりの人間とやり取りをすることができ仕事の幅がグンと広がります。オフィスというものを持たずに仕事ができるので、パソコンが一台あればそこがもうオフィスとなり賃料などのコストをカットすることができます。

 

デメリットは言わずもがなですが、コミュニケーションの取り辛さや管理の難しさでしょうか。スカイプなどのコミュニケーションツールはたくさんありますが、オフィスで机を並べて一緒に仕事をする距離感には絶対敵いません。

またリモートワークゆえに、仕事をちゃんとこなしているのか否かということに敏感になり過ぎます。社員の仕事が気になり、常に監視をしないと気が済まないという人はリモートワークには向いてないでしょう。

では、リモートワークを成功に導くにはどのようにしたらいいのでしょうか。次項でこの事について触れたいと思います。

 

メールによるコミュニケーションに長けている

リモートワークや在宅勤務を行なう際は、基本的なやり取りがメールになります。メールでの指示に対する理解が乏しかったり、説明を文章化するのが不得手な人だと苦労すると思います。

 

また、顔が見えない相手に対して送信するメッセージだからこそ、気配りが出来るかどうかも重要な要素になってきます。文章の内容は、簡潔で明瞭な文でもそこからその人の気配りや気持ちが現れていない文章だと円滑なコミュニケーションは望めません。

 

信頼できる人柄である

離れて仕事をする関係だからこそ、信頼関係が重要になってきます。

もし、あなたがリモートワークで人を雇おうと思った時に全く信頼の置けない人物を雇ってしまったらそれだけで損失が出ることになります。しかし、信頼は蓄積の上に成り立つものなので採用時には表面化していない数値です。

もし、すでに信頼できる人材を確保しているのであれば、それだけでリモートワークで仕事をする上で有利な状況と言えます。

 

仕事の優先順位が分かっている

仕事をしていくとたくさんのタスクが積み上げられてきます。そのタスクを新着順にただ処理していくのではなく、何が大事で何が後回しにできるタスクかを見極められる人は、リモートワークに向いているといえます。

 

自発的に行動が出来る

リモートワークをする際に、指示待ちばかりしている人はリモートワークに向いていません。指示がないから、ただ漫然と仕事をして過ごすというのは論外です。

特にやることがなさそうな状況でも、自分で行動し仕事を見つけることが出来る人はリモートワークに向いているといえます。

 

リモートワークのメリット・デメリットを熟知している

冒頭で紹介したように、リモートワークのメリット・デメリットをしっかり把握している人はリモートワークに向いている人と言えます。

リモートワークをすることで受けられる恩恵をしっかり把握している人は、仕事に対しての意義ややりがいを見つけます。そして、デメリットを把握している人は、それに対しての対策を取ったりリモートワークのリスクを回避することが上手な人だと言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。当サイトも複数のライターさんと運営をしています。

人には得手・不得手があると思いますが、リモートワークに向いている人と一緒に仕事をすると生産性がかなり上がります。しかし、向いてない人と一緒に仕事をするのは致命的と言えるほどリスクが高いです。

今回は経験則を踏まえて事例を紹介しました。ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事