夏なのに冷え性?クーラーで身体が冷えた時の対処法

ai

暑い日が続きます。ここ最近は冷夏続きばかりだった印象ですが、今年の夏はヤバそうです。外の熱中症はもちろんですが、室内でも熱中症になることがあるので気をつけて下さいね。

とは言っても、オフィスや自宅など長時間冷房がかかっている部屋にいると身体がだるくなったり芯から冷える感じがしませんか?

 

うっかりタイマーを付け忘れて寝ようものなら翌朝、身体が重い・・という経験をしたことがある人は多いはずです。今回は、クーラーで身体が冷えすぎた時の対処法を紹介したいと思います。それではどうぞ!

 

クーラーをつけすぎると夏でも冷え性に?

まず、冷え性のおさらいから。冷え性になると、手足の冷えや頭痛などが症状として現れます。その他にも、身体がだるくなったり、肩こり、肌荒れなど様々な症状を引き起こします。

冷え性=冬というイメージですが、夏でもクーラーの当たりすぎによる冷え性は発生します。手足の冷えや、身体のだるさは冷え性の症状と一致していると思います。

特にオフィスワークをしている人で運悪く冷気が当たりやすい場所の席だと、夏なのに冷え性を誘発してしまいます。下手をすると体調不良で会社を休みことも・・・

特に女性の人は、男性に比べて冷え性の症状が出やすいのでオフィスワークをしている女性の方で、いつもオフィスの冷房が強いという人は注意が必要です。

 

クーラーによる冷え性はなぜ起こる?

確かに夏にクーラーは必需品です。クーラーのない夏なんて想像しただけで・・

しかし、クーラーが付いた部屋に長くいると身体はかなりのストレスを受けます。特に自律神経系が影響を受けてしまいます。夏になると、本来であれば体温を外に逃がすため副交感神経が活発に活動します。

しかし、クーラーがきいた部屋にいると交感神経が活発に活動し、熱を体内に閉じ込めようとします。(周囲の環境が寒いため)

暑い⇔寒いの状態が連続して切り替わったりすると自律神経系に混乱を来たします。こういった状態が長く続くと、体温調節がう上手く機能なってしまうので注意が必要です。

 

エアコンの冷え対策

それでは、夏場はうまくエアコンと付き合っていく方法を見ていきましょう。冒頭でも述べましたが、エアコンを使わないと下手すると熱中症になるので気をつけて下さい!それほど今年の夏は暑いです。

 

エアコンの適切な設定温度

エアコンで身体を壊さないポイントは、温度調整にあります。設定温度は25度~28度位が良いとされています。

寒いと感じさせないことと、外の気温と極端に差を作らないことが大切です。例えば室外の温度が30度の環境で、エアコンを20度とかに設定していると身体を壊します。

目安は外気温からー4度位が目安です。

 

身体が冷えるものを極力控える

夏になると、かき氷や冷たいデザートなどが食べたくなりますね。もちろん、これらは夏の楽しみの一つなので大いに楽しむべきですが、取り過ぎは禁物です。またきゅうりなどの夏野菜も体温を下げる効果がありますので、あまり食べ過ぎるのも身体を冷やしすぎてしまうのでご注意を。

 

運動をする!

健康への第一歩はやはり運動ですね。ハードな運動でなくても、ウォーキングなどで大丈夫です。身体を動かすことで、血流の動きが活発になり末端の冷えが緩和されます。

運動とまでは言いませんが、クーラーのきいた部屋で長時間仕事をしている人は適度に離席してストレッチをしてみて下さい。これだけでも身体の調子が変わってくると思います。

 

じっくり湯船に浸かる

夏場はシャワーだけで簡単に済ませる人も多いと思いますが、たまにはじっくり湯船に浸かってみるのもオススメです。

足先が温まるだけでなく、血流もよくなり身体の冷えやコリが緩和されます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。夏場にクーラーは必需品ですが、長時間クーラーに当たりすぎると逆に身体を壊してしまいます。

なんだか身体がだるいなーと思う人は紹介した内容を試してみてください。

関連記事