UROKO

-目からウロコな記事書いてるかも-

*

韓国マンガ 『オレンジ・マーマレード』が切なすぎる

      2016/07/06

orangemamarade1

今読んでいるマンガの中でオススメのマンガは韓国で発刊されている『オレンジマーマレード』。内容をかいつまんで説明すると学校に通う普通の学生マリには人には言えない秘密が一つあります。それは彼女自身がバンパイアであること。よくあるバンパイアのアクションマンガと異なり、恋愛や青春を題材にしたマンガになっており胸に響くものがあります。今回は切な過ぎる韓国漫画『オレンジ・マーマレード』を紹介します。

韓国マンガ 『オレンジ・マーマレード』が切なすぎる

オレンジ・マーマレード内でのバンパイアの設定

バンパイアと聞くと人の生き血を啜って生きる化け物のイメージが強いですが、マンガ内では昔は人の生き血を飲んでいたバンパイアも現代ではそういった行為をしないよう協定が結ばれています。その代わりに、人間側でもバンパイアの人権を守ってねという設定です。

というのも、とあるバンパイアが豚の血を試しに飲んだ所、人間の血の代替品として飲用できることを知り、現代のバンパイアはパックに詰められた豚の血を吸って生きています。人間にはない強靭な肉体は時代と共になくなっていき、太陽の下に出ることも可能となりました。現代に生きるバンパイアのほとんどは人の血を飲んだことがなく、人間の社会に溶け込んで生活しています。(表向きは)

 

主人公の学校生活

バンパイアの人権が守られているのは表向きの話しで実際には差別的な扱いを受けています。主人公のマリもバンパイアと悟られないように身分を隠しながら友達も作らず学校生活を送っています。そんな時、とある男性と出会うのですがそこから自分も少しは学生生活を楽しんでいこうと心境の変化が訪れます。

しかし、そんな楽しい学校生活もつかの間でとある事件がきっかけでマリがバンパイアということがバレてしまいます。

 

orangemamarade2

 

この本から感じたこと

バンパイアという身分がバレて不当な扱いを受けることになるのですが、その発端というのがバンパイアによる殺人事件が起きたことです。しかし実際は人間による犯行であり、犯人はバンパイアに罪をなすり付けるため被害者の首元に噛み傷を付け偽装します。

作中の印象に残った言葉に『私達バンパイアが何をしたっていうの?人間は人間同士で殺し合っているじゃない。私達バンパイアは誰も傷つけていないのに』という言葉があります。

(私を含めて)私達人間は少し自分と異なる人や人種を見ると、排他的行動を取ってしまうことがあります。深く掘り下げると、当人に過失や罪は何らない場合でも、攻撃的な姿勢を取ってしまうことがあります。それは過去の遺恨であったり様々です。

 

この漫画はLINEマンガで無料配信されているので、興味がある方はぜひ読んでみて下さい。

同じく韓国漫画でオススメの漫画を別記事で紹介していますのでコチラもどうぞ。
美しい女性達がぶつかり合う異色のバトルマンガ、『少女・ザ・ワイルズ』

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『MAJOR』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメです。
iOS版をインストール
Android版をインストール

 - 書籍・漫画

  関連記事

↑PageTop