うわぁ・・日本年金機構で125万件の情報が流出。原因は人的ミス

nenkinryushutu
2015年6月1日、日本年金機構からプレスリリースとしてとある発表がありました。それは、日本年金機構が保有する、125万件もの個人情報が流出したというものです。

まだ、公式サイトには掲載されていませんがすでにプレスリリースとして関係各所にお知らせが行っています。今回は、日本年金機構で個人情報が流出した件について触れたいと思います。

 

125万件の個人情報が流出する

本日、2015年6月1日付けで日本年金機構から、保有する個人情報の流出があったと発表がありました。今回、流出したのは以下の情報です。

二情報 (基礎年金番号、氏名) 約3.1万件

三情報 (基礎年金番号、氏名、生年月日) 約116.7万件

四情報 (基礎年金番号、氏名、生年月日、住所) 約5.2万件

合計 約125.0万件

メインは三情報の【基礎年金番号、氏名、生年月日】の情報ですが、これに住所がプラスされた情報まで流出しています。

現在、こちらの流出した情報については被害拡大を防ぐため対応中ということですが、公式サイトではまだ発表されていません。

詳細は日本年金機構が各所に発表したプレスリリースに記載されています。

http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000150601ndjIleouIi.pdf

【pdfファイル/日本年金機構】

 

原因は一人の職員による凡ミス

そもそもなぜこれほどの年金情報が流出したのかということですが、原因は人的ミスでした。しかもかなりの凡ミス・・

ウイルスが添付されたメールを誤って開封してしまい、不正アクセスが行われこれだけの情報が流出したとのことです。かなりの年金情報流出ですが、原因がこんな凡ミスだったとは・・・

 

年金機構の流出対応

以下に年金機構の本件の対応について、前出しのpdfに記載があったので原文ママで掲載します。

4.お客様への対応 個人情報が流出したお客様にご迷惑がかからないように、万全の対応を行ってまいります。

○今回の流出の対象となったお客様についてシステム上確認できる体制を確立し、該当するお 客様から年金の手続きがあった際には、ご本人であることを確認した上で手続きを行います。 この対応は、6月2日(火)から開始いたします。

○上記のお客様には、その旨を個別にお知らせし、お詫びをいたします。

○該当するお客様には、基礎年金番号を変更させていただき、万全の対処を期す方針です。そ のための準備を早急に進めてまいります。

○お客様に外部からの不審な連絡があった場合には、当機構にご連絡くださいますようお願い いたします。そのための専用電話窓口(コールセンター)を本日設置します。

電話番号:フリーダイヤル 0120-818211

受付時間:8:30~21:00(平日及び土日) ※上記受付時間は本日から6月14日(日)までとし、その後の受付時間は日本 年金機構 HP でお知らせします。

詐欺グループなどに名簿が出回ったら大変なことになりそうですね。ニュースでも取り上げられる思いますが、身内の方や知人の方に注意喚起しておいた方がよいかもしれません。

関連記事