肌本来の美しさを取り戻す無洗入浴とは?

Woman in bathtub

『無洗入浴』という言葉をご存知でしょうか。あまり聞き慣れない単語だと思いますが、ボディーソープやシャンプーを使わず身体を洗い上げることです。

え?それで汚れ落ちるの?と思う人が多いかもしれませんが、実は無洗入浴はじわじわ人気になっています。

今回は、シャンプーやボディーソープを使わずに身体を洗う『無洗入浴』について紹介します。それではどうぞ!

 

無洗入浴で汚れは落ちるのか?

無洗入浴はシャンプーも、ボディーソープも使わない入浴法ですが実際身体の汚れなどは落ちるのでしょうか。

これは意外かもしれませんが、湯船に10分ほどじっくり浸かれば身体の汚れの8割は落ちるといわれています。

泡立てた石鹸で身体をゴシゴシ洗えば確かに洗った感じはします。しかし、中には洗浄力の強い石鹸やボディーソープを使ってしまうと必要な皮脂まで落としてしまうことも。

皮脂を過剰に落とした肌は、乾燥肌になったり逆に皮脂を過剰に分泌してオイリー肌になったりします。

 

また肌の弱い人にとって洗浄力の強いボディーソープなどは肌荒れの原因になる場合があります。無洗入浴はこういった刺激物を使用しないので、お肌が弱い人には特にオススメです。

 

匂いは大丈夫?

シャンプーやボディーソープを使用しないので、臭いが気になると思うかもしれませんがこれが意外と気にならないんです。

自分では体臭は分かり難いので、家族に匂いを嗅いでもらいましたが普段とあまり変わらないとのこと。

今まで洗浄力と香料の強いボディーソープで身体をゴシゴシ洗っていたのは何だったんだろうと思います。

 

無洗入浴のやり方

ここまで無洗入浴のメリットを紹介してきましたが、実際の無洗入浴のやり方を紹介します。

方法はとても簡単で、湯船にじっくり浸かり手のひらで撫でるように肌をマッサージします。時間にして約10分、湯船に浸かれば汗や汚れをしっかり落とすことが出来ます。

お風呂から上がったら化粧水やボディークリームでしっかり保湿をすることをお忘れなく。

頭は湯シャンとも言いますが、お湯でゆっくりマッサージをしながら汚れを落としていきます。

ここで注意したいのがお湯の温度です。高温ではなく、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

 

湯シャンをしてみた

タモリさんや福山雅治さんが、湯シャンをしているのは有名ですがさっそくやってみました。

やってみて意外だったのは、匂いや油のべたつきが気にならないことです。シャンプー使ってた時の方が、もっとベタついていたような。。

湯シャンを実践してから3週間が経ちますが、抜け毛も減って髪にコシが出てきたのを実感します。

なかなか良い感じなので、このまま継続しようと思います。今から冬になっていくので、無洗入浴を試すにはちょうど良い時期かもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。シャンプーもボディーソープも全く使わない入浴方法は抵抗がある人が多いかもしれません。

しかし、刺激の強いボディーソープに少なからず抵抗感を持っていた人はお試しで1週間試してみてはいかがでしょうか。

肌本来の持つ力強さに気付くはずです。男性の方には、湯シャンがオススメです。ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事