食欲の秋に注意!食べ過ぎによる胸焼けや胃もたれを解消する方法

muneyake

秋です。そして、食欲の秋です。秋は本当にご飯が美味しい季節ですよね。

しかし、美味しい食事も度を超えて食べてしまえば胃もたれや胸焼けの原因になってしまいます。暴飲暴食にはつきものの胸焼けや胃もたれですが、仕方のないことと割り切っていませんか?

今回は、胸焼けや胃もたれを解消する方法を紹介します。それではどうぞ!

 

胸焼けや胃もたれの原因

まず、胸焼けや胃もたれの解消方法を知る前にそれが引き起こされる原因を知りましょう。

一般的に胸焼けと呼ばれる症状のほとんどは食後に起きます。胃の中の消化液が食道内に逆流して、食道内が刺激され起こります。逆流性食道炎という呼び方の方が一般的でしょうか。

この消化液というのが、けっこう強力で成分はあの塩酸です。その他にもたんぱく質分解酵素であるペプシンも含まれています。

こういった胃液がは胃の中で消化中の食べ物に覆いかぶさるような形で溜まっています。つまり食道内へ逆流しやすい状態になっているんですね。

通常であれば胃液が食道内へ逆流しにくいような構造になっているのですが、複数の原因からこれが逆流することもあります。これが、いわゆる胸焼けの正体です。そして、逆流する原因となるのは主にこういった原因があります。

 

暴飲暴食をした時

暴飲暴食をすると、キャパオーバーとなり胃が膨らみます。その際に、胃と食道を繋ぐ逆流防止弁の締まりが弱くなります。

そして、大量に胃に取り込まれた食べ物を消化しようと胃酸が大量に分泌されるので逆流しやすくなります。

 

脂肪分の高い食事を摂った時

脂肪分を多く含む食事を摂った時も胸焼けが起きやすくなります。

これは、脂肪分が食道の胃酸への反応を増幅させるためです。

 

酸性の強い食品を摂った時

例えば、酢をきかせた料理(酢の物やピクルスなど)や酸性の強い炭酸飲料を飲んだ場合なども胸焼けが起きやすくなります。

これは、酸性の強い食品が胃酸と同じように食道内を刺激するためです。

 

辛い食品を摂った時

辛い食品にはカプサイシンという辛味成分が多く含まれています。カプサイシン自体は発汗作用などのメリットがある反面、食道内を刺激するというデメリットもあります。

 

アルコールを大量に摂取した時

アルコールも食堂内を刺激します。お酒の中でも特にワインは胸焼けを引き起こしやすいお酒と言われています。

 

胸焼けを解消する方法

上記で紹介したような食事に気をつけると、胸焼けを起こすリスクを減らすことができます。

しかし、お酒も飲みたいし辛い物を食べたくなる時ってありますよね?

胸焼けを起こした際に簡単に胸焼けを解消する方法を紹介します。

 

食後にガムを噛む

食後にガムを噛んで唾液の分泌を促すのも、胸焼けを解消する方法の一つです。

これは、唾液の分泌が胸焼けを解消したり消化を助ける働きがあるためです。

 

牛乳を飲む

胸焼けを起こした時に、コップ一杯の牛乳を飲むのはオススメです。

牛乳が食道内に膜を張ってくれることで、胃酸の刺激から食道を守ってくれます。

 

消化の良い食べ物を食べる

胸焼けを起こしそうな食事をした際には〆に消化に良い食べ物をしっかり食べると良いです。

 

寝る時は上半身を高くする

暴飲暴食をしてすぐに横になりたい時もありますが、そんな時は枕を高めにして上半身を高くして眠ると良いです。

食道の位置よりも胃の位置を下に持ってくることで、少しでも胃酸の逆流を防ぐことが出来ます。

 

ストレスは大敵

胃酸の逆流や胸焼けは食事から引き起こされることが多いですが、ストレスからくる胸焼けもあります。

極度の緊張状態になると、胸焼けがウッとくることありませんか?ストレスとうまく付き合うのも胸焼けを解消する一つの方法です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。胸焼けや胃もたれを起こすには相応の原因があります。

その原因を正しく理解することが、まずは胸焼けや胃もたれを予防する一歩となります。これからの季節ますますご飯が美味しくなると思いますが、胸焼けを起こした場合はコチラの記事を参考にしてみて下さい。

関連記事