現役バーテンダーに教わった桃の剥き方

momo

スーパーでも桃がチラホラ店頭に並ぶようになってきました。缶詰の桃と違い、自分で剥いた桃は香り・味共に抜群です。

 

しかし、一つ問題があって桃の剥き方が難しいこと。。ふだん様々なフルーツを調理する現役バーテンダーの方に桃のキレイな剥き方を教わったので、紹介します。それではどうぞ!

 

桃を熱湯にくぐらせる

まず試してほしいのが桃を熱湯にくぐらせる方法。こうすることで、皮と実の間が剥がれやすくなり桃をキレイに剥くことができます。感覚的に言うと、トマトの湯剥きみたいなものですね。以下、具体的なやり方となります。

 

①ヤカンにお湯を沸かす

②沸騰したお湯を桃に回しかける

③そのまま氷水に浸ける

 

これだけで桃が剥きやすい状態になります。

 

キレイな桃の剥き方

それでは次に桃を剥いていきましょう。この時にもしあればフルーツナイフやぺティナイフを使用して下さい。

 

大きな包丁だと細かい動きをすることが出来ないので桃を剥くには不向きとなります。

 

①包丁をぐるりと入れ、アボガドと同じように桃を半分にする。

②種が付いてる方に包丁の先端を刺し入れ、種を取り除く

③皮をゆっくり剥がす様に取り除く。(指でやってもOK)

 

【番外編】桃の変色を防ぐ方法

桃は剥いた後、すぐに変色がスタートします。食卓に並ぶ頃には変色していることもしばしば。出来れば茶色く変色した桃でなく、うっすらピンクのキレイな桃を食べたいですよね。

 

皮剥きに時間をかければかけるほど変色しやすくなります。そんな時は変色止めをしましょう。

【用意するもの】

水100cc

ポッカレモン大さじ1

上記を入れたボールに切ったばかりの桃を入れれば変色を止めることができます。一度、このレモン水にくぐらせた後はキッチンペーパーでキレイに拭くだけです。ぜひお試しあれ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。店頭で桃を見かけても、調理しにくいから・・という理由でスルーしている人も多いのではないでしょうか。

旬を迎えた桃は香りも良く、噛めばじゅわっと果汁が溢れてきます。夏にはピッタリの食べ物だと思うので、ぜひ桃剥きに挑戦してみて下さい。

関連記事