売上30%増!?Amazonのmobile popover広告が気になる

amazon

2015年11月24日から開始されたamazonのmobile popover広告が気になります。

簡単に言うと、モバイル端末でアクセスした際にページ下部に追尾式のamazon広告が出てくるようです。

日本に先駆けてアメリカで導入開始したようですが、アメリカでは売上30%増につながったとか。

今回は、amazonがお勧めするmobile popover広告を紹介します。それではどうぞ!

 

mobile popover広告とは?

amazonが新しく開始した広告ウィジェットです。コードをコピペするだけで、モバイル端末の画面下部に、追尾式のamazon広告が挿入されます。

amazonの公式サイトではこのような説明がされています。

私たちは米国において100以上のアソシエイトと協力し、A/Bテストを実施してきました。その結果このウィジェットの導入により、モバイルデバイスで表示する際のAmazonへのテキストリンクにおいて、最大30%の売上改善が見込めることを確認しました。

30%増はすごいですよね。ただ、日本はアメリカに比べるとamazon会員も少ないですし環境も違うのでなんとも言えませんが。
サイト運営者の反応も様々なようですが、こればっかりは実際に導入してみて自分でA/Bテストを実施して計測するしかないですね。

ブログやサイトによってamazonとの相性は様々ですから。ちなみに、当サイトでもamazonアソシエイト広告のプログラムには参加しています。

ただ、モバイル用の広告はすでにnendを導入しているためamazon mobile popoverも入れてしまうとごちゃごちゃになりそうだし、既存の広告がいい感じに動作しているので当サイトでは導入を見送る方向です。

もう一つ運営しているサイトがamazonとの相性がいいのでそっちで導入してみて様子を見てみます。

 

mobile popover設置方法

ここからmobile popoverの設置方法を紹介します。設置方法といっても、コードを</body>タグの直前に貼り付けるだけです。

ちなみに導入するとこんな感じになります。

amazon mobile popoverデモページ

※モバイル端末のアクセスのみ表示されます。

ページ下部にamazonの広告が挿入されていると思います。ちなみに、このソースコード入れるとサイト重くならない?という心配もあるかもしれませんが、非同期なのでそこはあまり気にしなくていいようです。

表示時間は15秒間で、ユーザーがクリックしなければ自動で消えるようです。意外と控えめな広告ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、amazonの新しい広告ウィジェットmobile popover

サイトやブログの運営者にとって、サイトアクセスとサイト収益はいわば両輪のようなものです。これがうまく回りだして初めて、運営がうまく稼働します。

adsenseやnend、A8など様々な収益モデルがありますが、こういった新しいものを導入してA/Bテストを繰り返しながら自分のサイトに合った広告スタイルを見つけてみてはいかがでしょうか。参考にしてみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事