ついにモブサイコ100が完結!最終話を振り返ってみる

小学館が運営するWeb漫画、裏サンデーで連載されていた漫画モブサイコ100がついに完結しました。

かなり前から読んでいる気がするのですが、全101話でめでたく最終話を迎えました。

今回はこのモブサイコ100の最終話を振り返りながら感想を述べたいと思います。

ネタバレを多分に含む内容なので、モブサイコ100のネタバレがNGな人はこちらの記事をどうぞ。

今おすすめしたいweb漫画!『モブサイコ100』が面白い!

モブサイコ100のネタバレがOKな人はそのまま読み進めてください。それではどうぞ!

モブサイコ100のあらすじ

最終話を振り返る前にざっくりとモブサイコ100のあらすじを振り返ると、影山茂夫(通称、モブ)の学園生活を描いた漫画。

モブは超能力を有しており、探偵事務所所長の霊幻と一緒に怪奇現象などの事件を解決していくというもの。

モブは超能力者の中でも最強クラスのパワーを持っており、超能力者同士のバトルシーンもあったりします。

 

ギャグ要素の強い漫画ではありますが、途中で色々と心に響く言葉があったりと数あるWeb漫画の中でもかなりおすすめの漫画です。

モブサイコ100の名シーン、名言集まとめ。人生に大事なことはモブが教えてくれた

アニメ化したり、舞台化したりかなり人気ですもんね。

 

モブサイコ100の最終回

モブサイコ100の最終回で起こったのは、モブの暴走。

今までモブの中には得体の知れない何かが眠っているという描写は多々ありましたが、ついにそのナニカが目を覚まします。

 

キッカケはモブが長年片思いをしていたツボミちゃんに告白すると決めた時。

日時を指定して、待ち合わせ場所をセッティングしたのですがその道中でモブは事故に遭い意識を失います。

この時にモブの中に眠るもう1つの人格が目覚め、圧倒的な力で周囲をなぎ払いながらツボミちゃんが待つ待ち合わせ場所へ向かいます。この時にモブの意識はなし。深層心理下では、暴走を止めようとしていますが、暴走する人格に完全に呑まれる状態になっています。

 

モブの前に立ちはだかるメンバー

竜巻が通り過ぎるように次々と破壊される街ですが、暴走しながら前進するモブの前におなじみのメンバーが暴走を止めようと立ちはだかります。

 

モブと肩を並べるほどの超能力者だった組織のボス、鈴木もボスの強大な力の前に逃走。

最初は人柱となりモブの力を全て受け止めようとしますが、息子のことを考えてその場から逃走することを決意。

 

その後は律が立ちはだかりますが、律でもモブを止めることはできませんでした。

この時に律はモブを止めるために無茶をして力の解放を行うのですが、それでもモブの力の前には及ばず・・・

しかし、無意識下で律を傷つけてはいけないと思ったのか、暴走しているモブの力は律に向かうことはありませんでした。

 

真打、霊幻の登場

鈴木でもダメ、律でもダメだったわけですが、ここで真打の霊幻が登場します。

しかし、霊幻をもってしてもなかなかモブを正常に戻すことはできません。

 

ここで、霊幻がまさかの告白。

「なんの力もないんだ!持ってないんだよ!」

 

もともと、霊幻とモブが知り合ったのは超能力を持って悩んでいるモブが霊幻の事務所に相談に訪れたのがキッカケです。

 

霊幻はこの時に適当にあしらうのですが、モブが持っている超能力が本物だと気づきそれを仕事に利用することを思いつきます。そこからずっとモブは霊幻はすごい超能力者と誤解して師匠と呼んでいます笑

 

この関係がずーっと続くのですが、とうとう霊幻は全てを告白します。

  • 自分に超能力はないこと
  • モブを騙して仕事をしていたこと

 

全てを告白した霊幻は最初は泣いていますが、最後はスッキリした表情。

そして、今まで騙してきたことを詫びると共に最後の師匠からのアドバイスとして人間誰でも二面性があることを諭します。

 

要するに二面性をひっくるめてのモブだと。だから、暴走している内なる自分も受け入れてやれとアドバイスします。

 

正気を取り戻したモブはツボミちゃんのもとへ

霊幻の言葉に正気を取り戻したモブ。さすがの師弟関係ですね!

そして、モブ(と内面のモブ)はツボミちゃんとの待ち合わせ場所に向かい告白します。

 

結果は・・・・・・・

 

 

 

まさかのフラれるという展開!

 

 

ただ、フラれる時に「まだ異性として見たことがない」とフラれていることからかなり脈ありなのではと思います。

 

モブとツボミちゃんの関係

告白するもフラれたモブですが、かなり前向きなフラれ方だと思います。

最終話付近のおまけ漫画で、ツボミちゃんが友人と一緒に霊幻のところに恋愛相談に来るというオマケ漫画があります。

この時、ツボミちゃんは友人に合わせて適当に「同じ塾に好きな人がいる」と言っていますが、実はこれは嘘。

そして、この時にモブが写っている写真が描写されたコマがあるので、ということは・・・

 

そして、モブが完結へ

暴走も止まり、ツボミちゃんへの告白も済ませたモブ。

最終話となる101話目は、霊幻の事務所で霊幻の誕生日をサプライズで祝っているところが描かれています。

今までモブや霊幻と関わってきた人間が霊幻の誕生日を祝います。

涙ぐむ霊幻w

 

そして、この時に間違えてケーキを落とすのですがそのケーキを誰かが超能力で霊幻の顔にぶつけます。

最後のコマはこの一連のやりとりを見て、笑っているモブが描かれていますね。

ここでモブサイコ100は完結します。

画像引用:裏サンデー | モブサイコ100

 

モブサイコ100の感想

いやー、モブサイコ100終わっちゃいましたね。

100話でキッチリ終わるのかな?と思っていましたが、101話という数字は何か意味があるのでしょうか。。。

 

モブサイコ100は最初はギャグ路線の漫画と思っていましたが、実はそうじゃなかったんですよね。

強力な力を持つ内気な青年が、友人や敵との関わりを通して成長していく姿を描いた漫画でした。

 

そして、その作品の中に登場するモブや霊幻の何気ない一言が刺さる刺さる笑

 

ただのギャグ漫画じゃなく人生を楽しく生きるためのマインドセットが詰め込まれたような漫画でした。

ONE先生の次回作にまた期待したいですね!

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料対象の試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
※1日に無料で読める話数には上限があります。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事