マギの最終話を振り返ってみる

週刊少年サンデーで連載されていた人気作品「マギ」

王の器と呼ばれる存在と、マギと呼ばれる王を支える存在。

この二人を描いた超人気作品です。そのマギの最終話を感想と共に振り返りたいと思います。それではどうぞ!

シンドバッドの暴走

マギの後半ではあのシンドバッドが不穏な動きを見せます。自分たちの世界の上位にはさらに上位の神が存在し、世界の命運は上位の神に握られていると。

そこでシンドバッドは世界を一度、全てルフに返しその莫大なマゴイによって上位の神々へ挑もうとします。

しかし、全てをルフに返すということは全世界の人が死ぬということ。シンドバッドは自らの願いのためにルフを書き換えて人々がルフに帰ることを望むように仕向けます。

 

意思を書き換えられた人々

シンドバッドの策略により意思を書き換えられた人々はまるで自分の意思であるかのように、ルフに帰ることを望みます。

しかし、全世界の人々が自ら死を望む中でアラジンとアリババだけは自分の意思を持っています。これはアリババは一度死んだりした過去があるので、ルフの大いなる流れから外れていることが理由に挙げられます。

アリババの伴侶となったモルジアナもルフを書き換えられており、一緒に死ぬことを望みますがアリババはこれを断固拒否。シンドバッドとの対決に望みます。

 

聖宮での戦い

聖宮でシンドバッドとの最終決戦に望むアリババとアラジン。この時にジュダルと白龍も仲間に加わります。彼らは堕天したので、ルフの書き換えから漏れておりアラジンたちと同じようにシンドバッドの考えに染まっていません。

聖宮の中ではシンドバッドが用意した試練を乗り越えることで、世界をルフに変える魔法を解くことができるようになっています。

シンドバッド的には周りくどいことをやらずに一気に魔法を発動してしまえばよいのですが、あえてそうせずに回りくどい方法を採用します。

これには理由があって神になとろうとするシンドバッドですが、まだ自分が本当に神になるべき存在なのか確信が持てないようでアラジンたちを試すようなことをしているわけです。

 

考えを変えるシンドバッド。そしてダビデの登場

シンドバッドが用意した試練を順調に進めていくアリババたち。シンドバッドの考えを尊重しつつもアリババは折衷案を提案します。

シンドバッドは上位の神を倒すために上の展開を。アラジンは白と黒のルフの境界をなくすために横の壁を取り払うことを。

上か下かの提案ではなく、上下関係なく全ての壁を取り払うことをアリババは提案します。

これにより全員が議論を始めます。この時にシンドバッドは神を目指す自分でさえもアリババの人を巻き込む力に飲まれていることに気づきます。

そこからシンドバッドはダビデと共に計画を遂行するのではなく、アリババたち寄りの意見に賛同します。

自分が神で自分の考えこそが正しいと考えていましたが、所詮は人間。

完璧な答えを持ち合わせている人なんていないんですよね。

 

ダビデとの戦い

考えを変えたシンドバッドはダビデとの戦いに臨みます。

一方で外の世界では世界がルフに還るための魔法がほぼ完成し、人々がどんどんルフに還っていきます。

それを食い止めるためにアラジンやアリババが外の世界で、聖宮ではシンドバッドがそれぞれの戦いに奔走します。

最終的にダビデは敗れ、人々は以前と同じような世界を共に歩んで行く決断をします。

シンドバッドは聖宮での戦いで自分の命を捧げることにしたので、戦い後の世界ではいません。

ただ、必ず戻ってくるという伏線があったのでいつかまた戻ってくるはず・・・

 

マギの最終回

全てをルフに還す魔法が途中まで発動したので、世界はまっさらな状態に戻りました。

アリババやアラジンたちは0から世界を自分たちの手で作り上げる作業に追われ忙しい日々を送っています。

アリババは忙しいながらも時間を見繕ってモルジアナとの結婚式を進めようとします。一度、断られますが・・・

しかし、アラジンたちがアリババにサプライズで結婚式を用意しており無事にモルジアナと結婚することに。

いやー、モルジアナ綺麗ですね〜

マギの感想

全体を通して、テーマになったのは「運命」

運命に翻弄されたり、運命を切り開こうとするものを描写したり。

読み手によって捉え方が変わる漫画(アリババ側の考えなのか、シンドバッド側の考えなのか)だと思うので、かなり議論の分かれる議題を様々な立場で読むのもこの漫画の醍醐味かと。

最終的にはシンドバッドの考えに沿うことができずに、アリババ側の考えが勝利するわけですが、シンドバッドの考えも少しは理解できるような気もします。

サンデーで連載され、2009年から連載され2017年に完結した漫画ですが、実に発巻は37巻!

 

しがない仕事で生計を立てていた王族の青年が一人のマギと出会い、そこから一緒に冒険をすることによってたくさんの人々と出会い、世界を救うことになる。

37巻を一気に読み進めることができるくらい、かなり面白い「冒険×ファンタジー」漫画でした。

 

ちなみに大高忍先生の次回作は、なんとマガジンですでに連載が開始されています。

オリエントという、今度は武士をテーマにした漫画!こちらも気になりますね〜

マギ作者の次作「オリエント」が気になるぞ!

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事