ついにLINEがスマホ市場参入?新事業『LINEモバイル』とは?

MVNO1

2016年夏の本格稼働を目指し、LINEがスマホ事業にも展開してきます。

LINEモバイルと称されるその事業は名称通り、LINEにとっては初の試みとなります。

コミニュケーションツールである『LINE』を武器に様々な業種に参入してくるLINE。満を持してスマホ事業にも参戦しますが、そのサービス内容とはどういったものがあるのでしょうか?

今回はLINEのスマホ事業である『LINEモバイル』について紹介します。それではどうぞ!

 

LINIEモバイルとは?

LINEが新しく発表したスマホ事業サービスとなります。ユーザーは最低月額500円から『LINE』『facebook』『twitter』などのコミニケーションアプリの使用を無制限で使用できるというものです。

コミニケーションアプリの会社らしい、面白いコンセプトのスマホと言えます。

これはまだ未確定の部分ですが、音楽配信アプリなど一部アプリのデータ通信も無制限で利用できることを検討中とのこと。

おそらく、LINEが運営しているLINE MUSICなどが対象になるのではないでしょうか。

その他にも料金の支払いをLINE Payで支払うようにしたりLINEポイントと連動させるなど他のLINEサービスとの連携も視野に入れているとか。

 

どんな人が得をする?

会社から通話品質やデータ転送量などの細かい部分の説明は今の所ありませんが、どういった人がLINEモバイルを利用すれば得をするのでしょうか?

 

それは主にスマホ利用がLINEやFacebook、twitterに限定される人だと思います。現段階の情報ではこれらの利用は無制限とお得感を感じますが、スマホを利用する時ってコミュニケーションアプリを利用するだけではないですよね?

インターネットで検索したり、ゲームをしたりコミニケーションアプリ以外にもたくさんのアプリや機能を利用していると思います。

 

LINE、Facebook、twitterなどの利用が無制限であることをLINEは強調していますが、それ以外にもかかる費用(通話料やデータ通信費用)などはまだ明らかにしていません。

なので、現段階の情報ではLINEモバイルを利用することで得をする人はかなり限定的になるのではないかと思います。

 

一方でネガティブなニュースも・・・

新しくスマホ事業に参入するということもあり、飛ぶ鳥を落とす勢いにも見えるLINEですが、一方ではネガティブなニュースもあります。

かねてから新拠点としてLINEが進めてきた福岡での自社ビルの設立ですが、着工延期からしばらくして計画自体が白紙に戻されました。

すでに購入済みだった建設予定地は福岡の企業に売却されるようです。

ユーザーの爆発的な増加と共に成長してきたLINEですが、このままこの成長率を維持できるのか注視する必要があります。

 

とは言っても、今夏に導入されるLINEモバイルはこれからどんどん詳細な情報が公開されると思うので、ユーザーにとってメリットがあるサービスであれば購入を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事