LINEスタンプの次は着せ替えだ!着せ替えも作成・販売が可能に

kisekae1

以前、LINEはスタンプをクリエーターに制作・販売できるサービスを展開しましたが今度はLINE着せ替えの制作・販売のサービスも準備するようです。

スタンプ長者という言葉ができたように、今度は着せ替え長者が誕生するかも?

今回はLINE着せ替えも制作・販売可能になった件について紹介します。それではどうぞ!

 

そもそもLINE着せ替えってなに?

LINEスタンプは使っている人多いと思いますが、着せ替えはあまり使用していない人もいるかもしれません。

LINE着せ替えとは、いわゆるLINEの画面を着せ替えるようにデザインを変更する機能です。

LINEの画面で『設定』>『着せ替え』から自由に変更可能です。

デフォルトだと黒い画面や白い画面、ブラウンやコニーの着せ替えがあります。

例えばコニーの着せ替えに変更すると画面がコニー一色に変更されます。サンプルの画像だとこんな感じ

kisekae

LINE着せ替えも制作可能に

ここからが本題なのですが、このLINE着せ替えもクリエーターが自由に制作・販売ができるようになります。

LINEの発表によると4月からこのサービスは開始されるようです。

審査開始は4月の中旬、販売開始は4月下旬を予定しています。

あと一ヶ月ちょっとでスタートするので販売を予定している人は早めに取り掛かった方がよさそうですね。

ちなみに販売価格は1セット360円・480円・600円から自由に選択でき売り上げ総額の35%が制作者側の利益となります。

 

LINEスタンプ景気の再来なるか

LINEスタンプで1000万円稼いだ!とか人気スタンプで一発当てて稼いだという話しはよく聞きますよね。

ただ、LINEスタンプ販売当初はまだクリエーターの登録数も少なく競合がいなかったため爆売れしたようです。

その後は登録者数も増えてレッドオーシャンになったわけですが、LINE着せ替えでもスタートダッシュを切ることができれば、チャンスはあるかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。記事内でも述べましたが受付開始はすぐそこです。

あまり登録者がいないうちに先行して販売した方が売り上げに貢献できそうですね。

細かいガイドラインは公式ブログに掲載されていますので、『LINE着せ替えで一山当てる!』という人は参考にしてみてください。

LINE着せ替えガイドライン|LINE公式ブログ

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事