【ネタバレ注意】最悪な弟?キングダムの成蟜(せいきょう)はどんな人物?

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

キングダムは始皇帝の幼少期から中華統一を果たすまでの軌跡を描いた漫画です。

秦王の政を中心に、彼の頼もしい存在として活躍する信など様々な魅力的なキャラクターが登場します。

その中で、政の弟として初期の頃に登場した成蟜(せいきょう)。

この成蟜(せいきょう)は後になっても物語の重要な局面で絡んできます。

今回はこのキングダムの成蟜(せいきょう)がどんな人物で、どういったポジションなのか?史実ではどのような人物だったのか?を中心に紹介していきます。それではどうぞ!

【ネタバレ注意】最悪な弟?キングダムの成蟜(せいきょう)はどんな人物?

政と成蟜(せいきょう)の関係

まず先に政と成蟜(せいきょう)の関係について紹介を。

兄と弟という関係ですが、その関係は複雑。いわゆる腹違いの兄弟というやつです。

政と母親は長く趙で暮らしており、その環境は劣悪なものでした。本来は秦の王族であるはずが他国で秦への恨み辛みを受けるような生活を送っており、母親は身体を売るようなこともやっていました。

 

一方、政と違い秦で生まれ秦で育った成蟜(せいきょう)はいわゆる温室育ちのお坊ちゃん。

ワガママな性格に育っており、王族を尊重しそれ以外の人間は卑下する傾向にあります。

 

王族とは言え、兄の政を目の敵のように敵対視する成蟜(せいきょう)。

その原因は政が趙から秦に舞い戻ってきた時に、自分の取り巻き連中が政に鞍替えをしたこと。

それまでの配下への散々ないじめが原因で周囲からの評判は最悪だったので当然の結果といえば当然なんですけどね。

このことが原因で成蟜(せいきょう)は一方的に政への敵対心を持つことになります。

そして、それが成蟜(せいきょう)の反乱へと繋がっていきます。

 

成蟜(せいきょう)の反乱まとめ

キングダムの最初の大きな戦といえば成蟜(せいきょう)の反乱。

これは成蟜(せいきょう)が政に対してクーデーターを起こし、周りの家臣ともども王宮を乗っ取ろうとしました。

 

信の相棒であったヒョウが命を落としたのも元々この争いが原因ですね。

この時に政は信とカリョウテンのたった3人だけで追っ手の追撃を逃れ昌文君と合流します。

 

そして、成蟜(せいきょう)に奪われた王宮を取り戻すために山の民の長である楊端和に助けを求めます。

これが政と楊端和の最初の接点です。後に重要な役目を山の民は担っていくのですが、それはまた別のお話し。

 

山の民と昌文君の兵隊を率いて王宮へと戻った政たち。

ここで、成蟜(せいきょう)側の軍と戦いを繰り広げて辛勝ながらも勝利を得ます。

この戦いで多くの人間が血を流したのですが、張本人である成蟜(せいきょう)はその重大性に気づいていなかったので政によって鉄拳制裁を食い事態は収集します。

この後は反乱を企てた成蟜(せいきょう)やそのほかの家臣たちは幽閉されます。

 

成蟜(せいきょう)の変化

次に成蟜(せいきょう)がキングダムに登場したのは合従軍の時。

この時、秦はかなりマズイ状況で滅亡寸前のところまで追い詰められます。

この時に裏で手を引いていたのは呂不韋。この時に呂不韋が政不在の玉座に座ろうとしたところを成蟜(せいきょう)が王族以外座るなと登場します。

実はこれは成蟜(せいきょう)の暴走でもなんでもなく、戦いのために最前線に向かう政が自ら、空いた玉座を守るように成蟜(せいきょう)に頼んでいたんですね。

かなり久しぶりの登場でしたが、この時には過去のいさかいは失くし2人の兄弟が秦のために力を合わせていた瞬間だと言えます。

 

再度の成蟜(せいきょう)の謀反

お互いの関係も良好になり、成蟜(せいきょう)自身も政の考えや信念に突き動かされ変わっていきます。

しかし、そんな成蟜(せいきょう)にまた災難が降りかかります。

 

政の命令で趙の屯留という場所の攻略に向かうのですが、なんと屯留で軍を起こしクーデターを起こしています。

実はこれには裏があって、実際には成蟜(せいきょう)は捕らえられ、成蟜(せいきょう)名義でクーデターを起こしたかのように見せかけられていたわけです。

裏で糸を引いていたのはもちろん呂不韋。そして、この反乱の最中で成蟜(せいきょう)は命を落としてしまいます。

史実の成蟜(せいきょう)は存在したのか?

次に一度キングダムから離れて成蟜(せいきょう)が実際に実在した人物なのか?という点について考察していきます。

もちろん、成蟜(せいきょう)は史実に登場している実在の人物です。

というか、概ね史実通りの内容です。

成蟜(せいきょう、生年不詳 – 紀元前239年)は、中国の秦の始皇帝の弟。長安君に封ぜられた。
『史記』始皇本紀によると、紀元前239年(始皇8年)、長安君成蟜が軍を率いて趙を攻撃したとき、屯留・蒲鄗の兵卒を従えて謀反した。

秦がこれを攻撃すると、成蟜は屯留で死に、軍吏はみな斬り死にし、その民は臨洮に遷された。
『史記』三家注のひとつ『史記正義』では、成蟜は屯留の城壁の中で自殺したと解釈している。

キングダムでも描かれていた反乱の部分は若干、違いますね。

史実では成蟜(せいきょう)が裏切ったというような描写になっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、キングダムの成蟜(せいきょう)について紹介しました。

最初はザ・悪者として描かれていましたがその後は改心し国のために尽力しようとした矢先に謀略によって殺されてしまったので残念ですねぇ・・・

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.