【キングダム ネタバレ】キングダムの王騎の最後を振り返る

漫画『キングダム』で最も影響力が大きいと思える武将は誰でしょうか。読む人によって、様々だと思いますが個人的には元・秦の六大将軍の一人であった『王騎』が一番に思い浮かびます。

しかし、残念なことに現役に復帰してこれからという時に李牧という趙の三大天の一人に討たれてしまいます。

今回はキングダムのネタバレ記事ということで、王騎の最後の様子を書き連ねたいと思います。それではどうぞ!

 

対・趙戦で総大将に任命される

先代の昭王に仕えていた王騎は先代の死去と共に隠居していました。しかし新しく即位した秦王・政の器を見込んだ王騎は趙との戦での総大将の話しを受けることに。

ouki1
もともとこの戦の総大将は蒙武と決まっていましたが、王騎が受けるならばと直前で昌平君の一存で変更されました。
かくして、秦の怪鳥・王騎の復活が列国に知れ渡り中華全土が注目する戦となりました。

 

敵の総大将は龐煖という因縁のある人物

中華全土が見守るこの戦ですが、趙側の総大将は龐煖(ほうけん)という人物でした。あまり名の知られていない人物のようですが、その名を聞いた昌文君の反応は違いました。
龐煖ほうけんという男は数年前に突如現れ、当時の六将であった摎を討ち取った人物です。実はこの摎という将軍は女性で、将来王騎の妻となる女性でした。

摎が討たれたとの報せを受けた王騎は逆上し、その手で龐煖を倒します。しかし、龐煖は生きており再び王騎の前に姿を現すのでした。

 

三大天・李牧の策略に陥る

対・趙戦の戦いですが、王騎の策がハマり秦側有利で展開されます。しかし、趙側の軍師である李牧の策略に嵌り窮地に立たされることになります。

最終決戦は龐煖と王騎の一騎打ちにもつれ込むのですが、魏加という武将に背後から弓で射られその隙に龐煖の一撃を受けます。

ouki3

胸を貫かれた王騎はその場で倒れるかと思いましたが、最後の気力を振り絞りその死地を脱します。趙側に捕まるという最悪の事態は避けられた王騎でしたが、死の瞬間が刻々と迫ってきていました。

配下の隆国を証人に、今後の王騎軍の一切を副長である騰に任せ信には自分の矛を託します。

かくして、秦国最強の武将がここに散ります。そのキャラクターや重要な役回りから、まさかここで死ぬとは思っていなかっただけに残念です。。

ouki

その後も王騎に負けない魅力的な武将がどんどん出てきていますので、今後の展開にも期待です。

こちらの記事もどうぞ。

キングダムの六大将軍まとめ。最強は誰だ!?

【キングダム ネタバレ】漫画『キングダム』で胸が震えたシーンbest5

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料対象の試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
※1日に無料で読める話数には上限があります。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事