【ネタバレ注意】キングダムの蒙恬(もうてん)は実在した武将なのか?考察してみる

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の漫画「キングダム」

キングダムでは実際の史実に沿って概ね話が展開していきますが、漫画の中で登場する武将が実在していた武将というのはよくあります。

今回はそのキングダムの中でも蒙恬(もうてん)にスポットを当てて紹介してみたいと思います。

蒙恬(もうてん)は実在していた武将なのか?という点や蒙恬(もうてん)のキングダム内での活躍や概要について。それではどうぞ!

 

キングダムの蒙恬(もうてん)とは?

まずキングダム内における蒙恬(もうてん)の概要について説明。

蒙恬(もうてん)は秦国の武将の1人で、信・王賁とは同期。よくこの3人組みは次代の秦国を担う人材として有望視されていますね。

蒙恬(もうてん)は楽華隊(がくか)という部隊を率いており、父親にあの蒙武を持つ武将です。

蒙武の顔面からは想像できないほど優男風な感じですが、蒙家の跡取りとして確かな実力を持っています。

 

見かけは優男風な印象を受けますが、蒙家の跡取りとしてしっかり自覚を持っているらしく時々、スイッチが入ったように真剣になる時があります。

父親の蒙武との一緒にいる描写はあまりありませんが、「う、、父上、、、」と蒙恬(もうてん)が発言していることから蒙恬(もうてん)と蒙武には一定の距離がありそうです。

 

しかし、蒙武と楚の大将軍である汗明との一騎打ちに蒙恬(もうてん)が巻き込まれ瀕死の状態に陥った時に蒙武は俺の倅だから簡単に死ぬはずがない!と言い切り周囲を驚かせています。

普段、蒙武と蒙恬の親子の絆が描かれてなかっただけに周囲がこれにはかなり驚いた様子でした。

 

蒙恬(もうてん)の実力

飛信隊や玉鳳隊に負けない武力を誇る楽華隊ですが、その蒙恬(もうてん)の実力はどのくらいでしょうか?

父親が蒙武ということもあり、ゴリゴリの武力タイプの気もしますがどちらかと言うと剛ではなく柔のタイプ。

相手の剣を真正面から受け止めるのではなく、受け流して攻撃に転じるタイプ。

過去には相手の武将を一騎打ちで仕留めているので、白兵戦の強さも伺えます。

しかし、なんと言っても蒙恬(もうてん)の真骨頂はその軍略の才能。

秦の総司令でもある昌平君の学校を首席で卒業しており、その軍略に対する知識は相当なものがあります。

 

蒙恬(もうてん)は実在した武将か?

次にきになるのが蒙恬(もうてん)は実在した武将であるか否か?ということ。

これはイエス。史実にもしっかり蒙恬(もうてん)の活躍が記されています。

しかし、史実での活躍ぶりは若干キングダムとは異なるようですね。

 

まず、蒙恬(もうてん)は当初は武官ではなく文官として従事しており主に裁判関連の業務に就いていたようです。

紀元前224年に李信将軍の副将として楚の討伐に加わり、ここで実績を挙げています。

 

ここでいう李信将軍とは、信のモデルとなったとされる人物。

キングダムの1巻の1ページでも、成長した信が李の字名をもらい李信将軍として名声を得ている描写がありますね。

 

デビュー戦は絶好調の蒙恬(もうてん)でしたが、その後に楚の将軍である項燕に大敗しています。

紀元前221年には正式に将軍となり、斉討伐で武功を挙げてその後に内史に任命されています。(長官、お偉いさん)

 

キングダムでは斉王と秦王の間で不戦協定が結ばれたので、今後キングダムで斉との戦いが起こるかどうかは未知数です。

2017年9月時点でキングダムの方では秦は李牧率いる趙と戦闘中です。

 

その後、史実では紀元前215年に匈奴の討伐作戦では30万の軍を率いて大勝をおさめています。

この活躍が始皇帝にも認められ、その後は重要な役職で活躍することになります。

そう考えると蒙家は蒙武をはじめ、非常に優秀な人材を排出した名門と言えますね。

 

実在の武将、蒙恬(もうてん)の残念な最後

漫画に史実に大活躍の蒙恬(もうてん)ですが、史実では蒙恬(もうてん)の最後は決して華々しいものとは言えません。

始皇帝に重用された蒙恬(もうてん)ですが、始皇帝の死後に不運が待ち受けていました。

次の皇帝の座を狙う胡亥と側近の趙高、李斯に自殺を命じられます。

始皇帝が存命の時は中華統一のために秦国が一丸となって他国と戦いましたが、中華統一の偉業を成し遂げるとその権力を独り占めしようとする輩達との政争が待っていたわけです。

 

最初は自殺命令を拒否した蒙恬(もうてん)でしたが、2代目の皇帝として即位した胡亥からの再三の自殺命令を受け、渋々これを了承。自ら命を絶ちます。

 

ちなみにこの時に、蒙恬(もうてん)の弟でもある蒙キも自殺命令をくだされ蒙家は皆殺しにされてしまいます。

蒙恬(もうてん)は自殺する間際、自分に何の罪があって自ら命を絶たないといけないのか?と嘆きますが、長城を築いた際に大規模な工事を行なったのでその時に地脈を傷つけてしまったのが自分の咎と納得し自殺します。

 

これに対して司馬遷はこう述懐しています。

中華統一という大規模な戦争が終わり、民が疲弊していた頃にこれだけ大規模な工事を蒙恬(もうてん)は敢行した。

始皇帝の機嫌を取るためではなく、民のことを思えばこそこの時期には民への手厚い方策を進言すべきだったのでは?地脈のせいにするべきではなく、蒙恬(もうてん)の罪は重い

このように痛烈に批判しています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、キングダムの蒙恬(もうてん)について紹介しました。

漫画では非常に魅力的な人物として描かれていますが、史実では少し残念な感じも。

ここら辺はキングダムではどのように描かれていくのでしょうか?これからの展開が気になります。

無料で使えるオススメの漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『ピッコマ』です。
すでに500万ダウンロードを突破していて、無料で漫画を読むことができる、しかも広告なし!というコンセプトが面白いです。
進撃の巨人や亜人など漫画好き必見のアプリです。オススメ!
Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.