【ネタバレ注意】キングダムの蒙武こそ最強の武将?実在した人物なのか検証

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ヤングジャンプで連載中の漫画「キングダム」

この漫画では中華統一を成し遂げた始皇帝の幼少期から中華統一を果たすまでの足跡が描かれています。

ストーリーの中には実際の史実と同じように進行したり、実在の武将も登場するのですが今回はキングダムで登場する武将、蒙武について紹介します。

【ネタバレ注意】キングダムの蒙武こそ最強の武将?実在した人物なのか検証

キングダムの蒙武とは?

キングダムの蒙武とは、秦国の武将です。

武将とは言っても大将軍クラスの武将なので、その実力は地位は秦の武将の中でも上の方に位置します。

圧倒的な武力をもって敵を殲滅する武力型の武将です。

 

実は過去に対趙戦で総大将に任命されるはずでした。

しかし、この時に現役復帰をした王騎に総大将の座を奪われてしまいます。

この時はかなり怒り心頭の様子でしたが、この大戦で王騎は戦死。

考えなしに敵兵に突っ込んで行った蒙武が直接の原因ではありませんが、この戦が蒙武をただの武力型の武将から戦略も考えることができる万能型の武将へと進化させます。

 

ちなみに蒙武の家族構成を言うと、父親は秦の大将軍でもある蒙ゴウ。息子には楽華隊の蒙恬がいます。

 

蒙武はキングダムで最強の武将なのか?

現時点で最強っぽい人物は趙のホウケンだと思いますが、龐煖(ほうけん)と蒙武は直接対決をしていません。

しかし、合従軍戦では楚の大将軍である汗明を打ち取るという大金星を挙げています。

この汗明というのが過去に秦の六大将軍を撃破したとされる人物。

話しの中でもこのことは確定ではなく汗明発信の情報とはなりますが、昔のことを知る秦の兵士の中には心当たりもあるようで信憑性の高い話しとして扱われています。

 

そして、その汗明と一騎打ちをするのですがこの時に蒙武は蒙恬のピンチをきっかけに覚醒して、汗明を討取っています。

これは味方にとっても敵軍にとっても大番狂わせとなり、合従軍を撤退させる大きなキッカケとなりました。

キングダムの蒙武は実在する人物なのか?

ここからは蒙武が実在した武将なのかを検証していきます。

結論から先に言うと、蒙武は実在した武将です。

史実の中でも度々登場し、秦の中でも重要な役割を担う武将であったことが伺えます。

紀元前224年、李信と蒙恬を破った楚の項燕が秦に侵攻してきたので、蒙武は王翦の副将となって共にこれを破り、項燕は自殺した。
紀元前223年、再び蒙武は王翦の副将となって共に楚を攻め、楚王負芻を捕え、楚を滅ぼした。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/蒙武

さらりと李信と蒙恬が破れると書かれていますね笑
ちなみに李信という人物はキングダムののモデルと言われている人物です。

 

楚は当時、大国と言われたようにかなり大きな国だったのでそれを王翦と共に破ったというのはかなりの手柄ですね。

合従軍戦ではそれぞれが楚や趙、韓などの軍と戦いましたが、蒙武が楚を相手にしたのは今後の楚と蒙武が対決するに向けての原先生の布石かもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回、キングダムの蒙武にスポットを当て紹介していきました。

王騎の死をキッカケに成長した蒙武。史実通りに話しが進むとするならば今後、キングダムでも活躍の場が広がりそうですね。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.