喫煙者は参考に。元喫煙者が思う『禁煙して良かったこと』

kinen

あなたは喫煙者ですか?禁煙者ですか?おそらくこの記事を読んでいる人は喫煙者の方が多いのではないでしょうか。かくゆう私も1年前までは喫煙者でした。

健康の事とか色々考えると、タバコ止めようかなと思うようになり現在も禁煙は成功している状態と言えます。

私も元喫煙者なので、タバコがなかなか止められない気持ち分かります。しかし、スパッと止めてみると精神面・身体面など様々な恩恵があります。

今回は、タバコを止めたくても止められない人に読んでほしい禁煙して良かったことをまとめて紹介したいと思います。それではどうぞ!

 

禁煙の方法は色々ある

禁煙をするためには様々な方法があります。ひたすら我慢する方法もありますし、飴やガムで口寂しさを紛らわす方法もあります。

最近ではニコレットのようなニコチンガムから、腕にパッチを貼って禁煙する禁煙パッチもあります。私は、普段タバコをあまり吸わないので、ガムをひたすら噛む事で禁煙に成功しました。

ガムを噛んでいると集中力も上がるので、デスクワークをする人にはオススメです。(仕事中にガムを噛むのがOKな会社限定ですが)

 

しかし、かなりの量を吸う人はガムを噛む位では禁煙を成功させるのは難しいと思います。本気でタバコを止めたい人は病院の禁煙外来をオススメします。ヘビースモーカーの友人は一発で止めることができました。現在も禁煙は継続中のようです。

 

このようにタバコを吸う量や、生活習慣などでどの禁煙方法が合うのか変わってくると思います。自身に合った禁煙方法を見つけるのが禁煙の一番の近道だと思います。

 

禁煙して良かったと感じたこと

禁煙をして良かったなと感じることは人それぞれですが、やはりタバコの臭いがしなくなったという人が多いようです。

自分で吸っておきながらなんですけど、タバコの臭いってすごく臭いんですよね。禁煙しているともっと分かります。『自分はなんて臭い匂いを纏っていたんだろう』と。

 

あとは食事の美味しさがガラッと変わるという意見も多いですね。ヘビースモーカーの人はタバコがなくなるとイライラする人がいますが、禁煙することでここら辺の精神の安定も期待できると思います。

 

女性の人であればお肌のコンディションも断然良くなることもメリットに挙がるのではないでしょうか。喫煙習慣がある女性と、ない女性とではお肌の状態が段違いです。

禁煙することで、タバコ代が浮くのもメリットに挙げれますね。長い目で見ると、タバコを止めることで肺疾患のリスクを減らしてくれるので健康面でも金銭面でもメリットがあると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。タバコがなかなか止めれないという人も、一度止めたときのメリットを考えてみてはいかがでしょうか。

健康面や精神面などたくさんの恩恵がありますし、禁煙するためのツールも最近では充実してきています。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事