鬼畜島(きちくじま)9巻感想。さらに戦いはカオスな方向に。

鬼畜島(きちくじま)9巻の感想です。

旅行で無人島を訪れた大学生たちが島に住む化け物たちに襲われるというサバイバルホラー。

今回はこの鬼畜島(きちくじま)9巻の感想となります。

鬼畜島(きちくじま)のネタバレ要素ありなのでネタバレがNGな人はこちらの記事をどうぞ。

閲覧注意、鬼畜すぎる漫画『鬼畜島』が怖すぎる

鬼畜島(きちくじま)のネタバレがOKな人はそのまま読み進めてください。それではどうぞ!

 

前回までのあらすじ

マリやカオルの母親が初めて登場し、一家の過去が回想されます。

母親も父親のヨゼフばりにぶっとんだキャラで母親も同じく滅びの子と呼ばれる神の子を産むために色々と画策しています。

一方でほぼ家族側の陣営に取り込まれた高久ですが、一家への反撃の機会を伺いながらもマリとくっつきそうになるような気も・・・

 

先輩が極悪殺人マシーンへ変貌

死んだと思われていましたが、実は先輩は家族に拉致されており生きていました。

しかし、そこには先輩の面影はもはやなく家族たちの儀式によって戦闘マシーンへと醜く変貌しています。

女好きでどうしようもない先輩でしたが、新しく生まれ変わり女たらしではなく人殺したらしになったとヨゼフは喜んでいますが・・・

そして、ヨゼフの差し金でまだかろうじて生き残っていた藤井も先輩の手によって殺されてしまいます。

そこからは堰を切ったように島に流れ着く何も知らない人たちを次々と殺す殺人マシーンへと変貌します。

 

先輩VSカオルのバトルも勃発

先輩が殺人マシーンに変貌したことで喜んだのはヨゼフ。

彼は先輩を殺人マシーンにすることで母親側と戦おうと目論んでいました。

どうやら、家族同士で戦うことはうまくできないよう。

 

一方で母親側も高久を戦闘マシーンに育て上げ、ヨゼフ側と戦うための最終兵器に仕立てようとしています。

 

先輩に対してベタ褒めなヨゼフですが、これに対してカオルくんは良い顔をしていない様子。

どうやら父親があまりにも先輩を持ち上げるので、拗ねているようです。え、そこ・・・

 

そして、どっちが格上なのかをはっきりさせるためにタイマンを仕掛けます。

これに勝利したのは、やっぱりカオルくん。

先輩も生まれ変わって人間離れした筋力を手に入れていますが、まだカオルくんの方が強いみたいですね。

ちなみにヨゼフはひょろそうな感じに見えますが、先輩が錯乱してヨゼフに襲いかかった時も瞬殺しています。実はヨゼフも激強なんですよね。

今のところ、ヨゼフ>カオルくん>先輩といった強さの順序でしょうか。

 

カンナ&アンナの心変わり

一方、母親側も高久をヨゼフ側と戦うための切り札として仕込んでいきます。

具体的には高久を痛めつけてそのポテンシャルを引き出そうというもの。

マリも高久に対して愛情?を持つようになっているので、こちら側もうまくいっている様子。

 

この状況を面白くないと考えたのが、アンナ&カンナ。

もし、滅びの子が高久とマリの間に産まれると全員が化け物から正常な見た目に戻るらしく、生まれながらに醜い顔をしたカンナは自分が母親から捨てられると危惧します。

そんな姉妹が悩んでいる場所に、ハナクロが現れ「それなら高久を殺してしまえばいい」とそそのかします。

ハナクロの言葉にそそのかされた二人は高久を暗殺することを企てます。

 

鬼畜島(きちくじま)9巻の感想

前回に比べてそれほど大きな進展はなかったように思えます。

最初は島の化け物VS漂流した人たちの構図でしたが、段々と母親側VS父親側の構図になってきていますね。

一方で、高久も虎視眈々と一家を倒す機会を伺っているので三つ巴といった感じでしょうか。

アンナ&カンナに命を狙われるようになった高久ですが、おそらくこの姉妹は撃退できると予想。

 

その次は父親側の隠し玉でもある先輩との一騎打ちですかね。

もともとも上原をめぐり因縁のある二人(高久が一方的に)だったので、まだ存命中の上原も先輩とのタイマンにはかけつけるかもしれませんね。続きが楽しみです。

 

▼関連記事

【ネタバレ】鬼畜島の全巻の感想まとめたよ(最新巻8巻含む)

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料対象の試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
※1日に無料で読める話数には上限があります。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事