禁煙して良かったことは?女性が禁煙するメリット5選

somoker

男女限らず禁煙することは健康面でかなりメリットがあります。お肌の調子が良くなったり、タバコ代が浮いたり様々な恩恵があります。

大阪府立科学センターの調査によると、女性の方が男性に比べて喫煙の依存度が高いとのことです。タバコは止めるのが難しいですよね・・

今回は女性が禁煙することのメリットを紹介したいと思います。これを見て『よし禁煙始めよう!』という動機付けにでも。それではどうぞ!

 

お肌の調子が格段に良くなる

禁煙して女性が一番恩恵を受けるメリットはお肌の調子が良くなることではないでしょうか。

スモカーズフェイスと言われるように、タバコを吸うことでビタミンCが破壊される・コラーゲン繊維の合成能力が低下するなどのデメリットを受けます。

 

どれもお肌にとって悪いことばかりですよね。ヘビースモーカーの女性を見ると分かるのですが、肌のハリやツヤは失われ顔が全体的にくすんでしまいます。シミもできやすくなります。

20代のヘビースモーカーと非喫煙者ではそんなに違いが分からないと思いますが、30代・40代になってくるとその差は歴然としてきます

こちらにイギリスのBBCテレビが作成した双子の喫煙者と非喫煙者を比較した画像があります。40代になったら・・という設定の合成になりますが、なかなか衝撃的な画像だと思います。

smoker

高い化粧品やエステに通うのもお肌を若々しく保つ秘訣だとは思いますが禁煙こそが一番のアンチエイジングではないでしょうか。

 

歯の黄ばみを防げる

女性がタバコを吸うことのデメリットに挙げられるのが歯の黄ばみではないでしょうか。タバコを吸うことでタバコに含まれるヤニが歯を黄色くしてしまいます。

しかもコーヒーやワインの着色汚れに比べるとタバコのヤニ汚れは落ちにくいという性質があります。

ヘビースモーカーの自宅の壁紙はタバコのヤニで黄色く汚れていると思いますが、あれと同じことが口内で起こっているわけです。

 

歯茎が黒ずまない

タバコを吸っている人は口元ですぐに分かりますよね。非喫煙者の人もワインを飲んだり、コーヒーを飲んだりして歯が黄色くなるのですが、喫煙者の人はこれにプラスして歯茎が黒ずみます。

これには2つの原因があり、まず一つ目にタバコのタールが長期間の喫煙で蓄積され歯茎に染み込むことによる黒ずみがあります。

そして、もう一つは喫煙により歯茎の血流が悪くなった結果赤黒く見えることが挙げられます。

これはタバコに含まれるニコチンが血流障害を引き起こし、歯茎を赤黒く変色させてしまうためです。

しかもこの歯茎の黒ずみは簡単には取り除くことができません。主な除去手段はレーザー治療など高額なものになってきます。

 

口臭がなくなる

タバコを吸うと口臭が悪化するという事実があります。ニコチンやタールが口臭の原因となりタール自身の臭いが口臭を引き起こしたり、口内の唾液が少なくなり口臭に繋がるなどが挙げられます。

 

ストレスがなくなる

仕事中やプライベートでイライラするとタバコについて手が伸びちゃうということがあるかもしれませんが、実はタバコを吸ったところでストレスが減るわけではないんです。

これはタバコの禁断症状の一種のようなもので、ニコチンが切れたためにイライラが募るということがあります。

初めからタバコを吸っていなければ、タバコを吸いたくてイライラすることもなくなります。特に禁煙を開始してから最初の頃はタバコがなくてイライラするかと思いますが、ある一定の期間を過ぎるとそのイライラも収まってきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。タバコを吸うことは百害あって一利なし。じゃあすぐに止めればとも思いますが、なかなか止めれるものでもありません。

タバコを吸うデメリットをしっかり考えた上で、今後のタバコとの付き合い方を一度考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事