不味いインスタントコーヒーを美味しく淹れるコツ5選

instant

インスタントコーヒーはお湯を注ぐだけでコーヒーが出来上がるので、手軽で便利ですよね。しかし、ドリップに比べると味が格段に落ちるのが難点です。

もし、インスタントコーヒーを美味しく淹れることが出来ればいいのになと思ったことはありませんか?今回はそんな不味いインスタントコーヒーを美味しく淹れるコツを紹介します。

 

オフィスや自宅でインスタントコーヒーを飲んでいる人がいれば、ぜひ参考にしてほしいtipsを集めました。それではどうぞ!

 

水で練り練りすると美味しくなる

この方法は簡単かつ劇的に味が変わる方法なのでオススメです。まず、いつもと同じようにカップにインスタントコーヒーを入れます。

そして、ティースプーン1杯位の水を入れスプーンの背で粉と水を練ります。練れば練るほど美味しくなります。あとは、お湯を注ぐだけで美味しいインスタントコーヒーの出来上がりです。

味も香りもドリップコーヒーに限りなく近づきます。ちなみにこの方法はコーヒー以外にも転用できるので、ココアやコーンポタージュのカップスープなどでも使用できます。

 

フリーズドライ製法のものを選ぶ

インスタントコーヒーには大きく分けて、『スプレードライ製法』と『フリーズドライ製法』のものがあります。購入する際には、フリーズドライ製法のものをオススメします。

スプレードライ製法のものは、安価ですが風味や香りはフリーズドライ製法のものが上です。購入の際はラベルを確認して購入すると良いでしょう。

 

お湯の温度は熱湯よりちょっと低めにする

インスタントコーヒーを入れる際は、80度~90度位が適温と言われています。熱湯の状態、いわゆる100度の高熱だと苦味が増します。

逆に低すぎる温度だと酸味が増します。熱湯より少し冷ました方が、酸味も苦味をちょうど良い塩梅のコーヒーを楽しむことができます。

私はブラック派で苦いコーヒーが好きなんだ!という人は、熱湯で淹れても良いでしょう。

 

温めは電子レンジを使うと良い

普通にコーヒーを淹れた後に、電子レンジに投入して温めなおすと苦味と酸味のバランスが良い感じになり味がまろやかになります。一手間加えると味が変わるので面白いですよね。

ちなみに面倒だという人は、水から温めてもOKです。カップに粉と水を入れ、電子レンジに投入します。お使いの電子レンジにもよりますが40秒ほど温めれば美味しいコーヒーがいただけます。

 

ちょっと一手間、鍋で乾煎りをする

コーヒーの香りを楽しみたい人は、フライパンでインスタントコーヒーを乾煎りする方法があります。火加減を間違えると焦げてしまうので、弱火で少し炙る程度で大丈夫です。

こうすることで、コーヒーの香りがグンとアップします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。普段、ドリップではなくインスタントコーヒーを飲んでいるという人は参考にしてみて下さい。冒頭で紹介した、インスタントコーヒーを練る方法はオフィスでも自宅でも簡単に出来て、効果があるのでぜひ試してみてください。

関連記事