ハンターハンターが連載再開!5分であらすじを振り返る

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ハンターハンターが連載再開になるみたいですね。

2017年の6月26日からジャンプで再開されるみたいですけど、前回の休載が7月。

実に一年近くのブランクがあります。読者の中には「あれ・・・ハンターハンターってどこまで進んでいたかな?」と思っている人もいると思います。

今回はハンターハンターの連載再開に向けて今までのあらすじを振り返ります。(ネタバレ注意!)それではどうぞ!

ハンターハンターが連載再開!5分であらすじを振り返る

現在の舞台は暗黒大陸

長かったキメラアント編も終わり、無事にゴンも復活した後にゴンはジンと出会います。

その時にジンの口から聞かされたのは、自分たちが住む世界の外側に広がる世界・暗黒大陸の存在です。

あれだけ手こずっていたキメラアントも脅威としてはBランク。

暗黒大陸にはそれ以上の脅威が蠢いていると知ります。

 

このくだりは、富樫先生の代表作でもある幽遊白書にもありましたね。

めちゃ強いと思っていた戸愚呂弟がB級妖怪で魔界にはそれ以上のA級、S級妖怪がゴロゴロいるという・・・

 

暗黒大陸の脅威、五大災厄

この暗黒大陸の脅威として代表的なのが五大災厄と呼ばれるもの。なんだか響きがいいですね。

五大災厄と呼ばれるものは、

  • 謎の古代遺跡を守る 兵器ブリオン
  • 欲望の共依存 ガス生命体アイ
  • 殺意を伝染させる魔物 ヘルベル
  • 快楽と命の等価交換 パプ

この5つになります。この中でもガス生命体アイはナニカではないのか?というのはほぼ確定ですね。

ゴンがピトー戦でいきなり大人化したのも人飼いの獣パプの仕業では?とも言われています。

 

なぜ人類は暗黒大陸を目指すのか?というと暗黒大陸には内地にはない魅力的な資源の宝庫だからです。

万病に効く薬草、究極の長寿食、ビーズ1粒程度の大きさで2万kwを発電できる石など魅力的な資源が揃っています。

過去に人類は何度か暗黒大陸へ探検隊を派遣するのですが、その際に探検隊のメンバーが全滅したり未知の病を持ち帰ってしまったりした過去があり現在では暗黒大陸への探検はタブーとされてきました。

 

暗黒大陸への渡航が解禁される

しかし、状況が変わり暗黒大陸への渡航が解禁されます。

先陣を切ったのはネテロ会長の息子を名乗る、ビヨンド=ネテロという人物。

彼が突如、暗黒大陸への探検を発表します。実はこれには裏があり、ビヨンドに暗黒大陸の探検を依頼したのはカキン帝国。

そして、ビヨンドのサポートという体でV5(国連みたいなもの)がハンター協会に監視を依頼します。

依頼を受けた現会長でもあるチードルが暗黒大陸の攻略メンバーとして選出したのが以下のメンバー。

【科学班】

  • 難病ハンター チードル
  • ポイズンハンター ゲル
  • ルーキー レオリオ

【情報班】

  • クライムハンター ミザイストム
  • 古文書ハンター ピヨン
  • お悩みハンター サッチョウ
  • 賞金首ハンター クラピカ

【防衛班】

  • テロリストハンター ポトバイ
  • 賞金首ハンター サイユウ
  • トレジャーハンター カンザイ

【生物班】

  • プラントハンター クックル
  • 密猟ハンター ギンタ

クラピカとレオリオが入っていますね。クラピカはともかくレオリオ大丈夫かな・・・

 

ちなみにカキン帝国がなぜ今になって暗黒大陸を目指し始めたのか?という疑問ですが、カキン帝国では現在王位継承問題が勃発中です。

暗黒大陸のサバイバルを生き残った人間が次期国王になるというものです。

ちなみにこの王子の中にクラピカのターゲット、つまり緋の眼をコレクションしている王子もいます。

クラピカは個人的な復讐を達成するためにハンター達にスパイを依頼します。この依頼した面々が激アツでオールスター揃い踏みといったところです。

  • クラピカ→第14王子(ワブル)
  • イズナビ→第6王子(タイソン)
  • ビスケ→第13王子(マラヤーム)
  • バショウ→第7王子(ルズールス)
  • センリツ→第10王子(カチョウ)
  • ハンゾー→第12王子(モモゼ)

こんな感じで、それぞれの王子の護衛に潜入することに成功します。ハンゾー懐かしい・・・念能力が気になりますね。

 

クロロ、ヒソカも参戦

去年の連載が休止する前にはクロロとヒソカの戦いが描かれていました。

ヒソカが団長と天空闘技場で戦ったわけです。結果は用意周到に策略を巡らしていたクロロの勝利。

しかし、ヒソカは死後に心臓マッサージをする念を仕込んでおり、これによって蘇生に成功します。

目覚めたヒソカは幻影旅団のメンバーを狩っていくことを宣言。

宣言通り、まずはシャルナークとコルトピを襲撃します。

 

ヒソカが復活したことをクロロはこの段階では知らないわけですが、そのクロロは何をしているかというと暗黒大陸に向かっています。

クロロの目的は暗黒大陸に向かうカキン帝国の船団を襲って積み荷を強奪することです。

で、クロロにリベンジするためにヒソカも暗黒大陸編に参戦するというわけです。

 

キルアとゴンは暗黒大陸に参戦するのか?

ここまでで、主要メンバーの暗黒大陸参加は確定しています。

ちなみにジンも参戦します。

 

ただ、キルアとゴンは休載前の段階では参戦するかどうかの描写はありません。

キルアはアルカと一緒に旅行中ですが、アルカの中のナニカがガス生命体アイであるのは確実なので、呪い?を解くために暗黒大陸編にいずれかの段階で参戦するかもしれないですね。

ゴンも主人公なので、どこかのタイミングで参戦しそうですが休載前の段階ではそれらしい描写はありませんでした。

ちなみに暗黒大陸の情報は探検メンバーが全滅しているのに、けっこう情報あるな?と思うかもしれませんが、その情報源は新大陸紀行という書籍によるものです。

 

これは300年以上前に、1人で暗黒大陸を冒険した人が書いた本で、現在伝わっている暗黒大陸の情報源はこの書籍によるものです。

著書名は「ドン=フリークス」休載に入る前のジンと仲間達の会話で興味深い内容があります。

ハンターA「あの 1つどうしても気になることがあるんですが

当時は殆どの未知の大陸のはずなのにV5が予め場所と目的を決めていたかのように話していましたよね・・・・・?それってぼくの知らない先駆者の遺物が・・?」

ジン「そういうことだ どの時代にもバカがいてな。その中でも300年以上前にたった一人で無限海(メビウス)沿岸をくまなく探検しようとした奴がいる」

ハンターA「ひとり・・・!?」

ジン「そいつは自分の探検を本にした”新大陸紀行”の”東”と”西”!!」

「だが見つかっているのは東だけで西は一冊も見つかっていない 何故か?」

「考えられる理由は3つ・・・!」

「単にまだ見つかってないか 志半ばで挫折して本になってないか」

 

「・・?あと一つは・・・?」

ジン「いまも 書いている途中か・・・だ!!!」

ハンターA「300年以上前の本って・・・」

「究極の長寿食・・・!!万病を治す香草・・・!!ははは なんてこった」

ジン「本の著者は ドン=フリークス!!」

ジンとゴンの血縁者であるのは間違いなさそうですが、ここら辺の絡みでゴンも参戦するだろうとは思いますけどね。

 

ちなみにこのドン=フリークスなる人物に関しては、流れ的にはジンの父親・ゴンの祖父という感じですが、実はゴンの父親説もあります。

ゴンがジンと再会した時の感想で「父親のような感じがしなかった(兄弟のような感じだった)」というゴンの発言があるように、もしかするかもしれないですね。

 

まとめ

カキン王国の王位継承問題、クラピカの復讐、旅団の参戦など様々な思惑が交錯する暗黒大陸編ですが、謎な部分が多すぎてどこで伏線を回収していくのか楽しみですね。

とは言っても、また1ヶ月位で連載休止になりそうな感じですけど。ドラクエの新作も発売されますしね。

気長にハンターハンターを楽しもうと思います。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.