【ネタバレ】ハンターハンターのゴンvsピトー、そしてピトーの最後

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ハンターハンターの中でもキメラアント編が好きだという人も多いのでは?

筆者もハンターハンターの中でもキメラアント編が長く、そして盛り上がったパートだと思います。

そんなキメラアント編でゴン達の前に立ちはだかったのはネフェルピトーという王の側近。

最初の戦いではカイトも倒され、ゴン達は歯も立たなかったのですが最終的にはゴン単独でネフェルピトーを撃破します。

今回はそのゴンとネフェルピトーの戦いをまとめてみました。それではどうぞ!

 

カイトが生き返らないと知ったゴンが覚醒する

ピトーが持つ能力は2つで自身や傷ついたものを修理する能力の『玩具修理者(ドクターブライス)』と、ターゲットを操る『黒子舞想(テレプシコーラ)』です。

最初の戦いでカイトを撃破したピトーはこの2つの能力を使い、カイトを修復し操れるようにしていました。

カイトが生きているように見えていたのは全てピトーの能力によるもので実はすでに最初の戦いで死亡していたわけですね。

その事実を知らないゴンはピトーの能力でカイトを復活させることができると信じていました。

 

しかし、ピトーの能力はあくまで死んだ肉体を修復し操り人形として蘇らせるだけでカイトはもう戻ってきません。

この事実をピトーの口から聞かされたゴンはもう二度と念能力を使えなくても構わないと自身に制約と誓約を設け、ピトーを倒せるレベル(年齢)まで強制的に成長させます。これがいわゆるゴンさんというやつ。

一気に成長したゴンはピトーを超える能力を手に入れます。

この戦いの最中にピトーはゴンが王にも届きうる刃であると警戒し、その場で刺し違えてでも倒そうとします。

そして、その2人の戦いの最中にキルアも駆けつけます。

キルアの目に映ったのは、事切れるピトーに最後の一撃をお見舞いするゴンの姿でした。

ここでトドメを刺されたピトーですが、自身の能力『テレプシコーラ』が発動しゴンを倒すためだけの死人として復活します。

この時に腕を切り取られるゴンでしたが、意に介さずピトーにトドメを刺します。

 

テレプシコーラで復活したピトーでしたが、急成長を遂げたゴンにはやはり敵わず・・・

王とゴンの対戦はありませんでしたが、王もこの後すぐにネテロが仕掛けた爆弾の毒により命を落とします。

あれだけの力を持っていたキメラアントでしたが、最後は人間が開発した兵器にあっけなく破れるというなんとも皮肉な結末となりました。

この時に王と一緒にいたコムギも命を落とします。

 

戦いの後に復活不能なほどの傷を負うゴン

戦いの最中に「もう二度と念が使えなくてもいい」と自身に制約をかけ爆発的な力を得た代償はやはり大きかったようで、ゴンは昏睡状態に陥ります。

この時に立ち上がったのが、キルアやレオリオなどのかつての仲間達。(クラピカのみ別件で連絡が取れずいなかった)

しかし、どんなに優秀な医者や念能力者に見せても全員は匙を投げるばかり。

途方に暮れていたメンバーの中で唯一、心当たりがあったのがキルアでした。

 

アルカによるゴン復活作戦

匙を投げらて変わり果てた姿となったゴンでしたが、ここでキルアが立ち上がります。

キルアの頭の中にはゴンを助ける方法がありました。

それはキルアの妹アルカの中に潜むナニカを使った方法。

ナニカは条件無視で願いごとを叶える能力を持っており(それに対する反動はすごいが)、このナニカの能力を使ってゴンを復活させるというもの。

 

この作戦遂行時に、キルアの兄であるイルミに妨害されたりもしますが何とか無事にゴンを復活させることに成功します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、ゴンとピトーの対決をまとめてみました。

敵役でしたけど、ネフェルピトーって人気ありますよね。

改めて読み返すとやっぱりキメラアント編が1番面白いですね。

以上、ゴンとピトーの対決まとめでした!

無料で使えるオススメの漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『ピッコマ』です。
すでに500万ダウンロードを突破していて、無料で漫画を読むことができる、しかも広告なし!というコンセプトが面白いです。
進撃の巨人や亜人など漫画好き必見のアプリです。オススメ!
Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.