靴の臭いがなかなか取れない・・重曹を使った臭いを取る靴の洗い方

kutu1

気温が上がってくると気になってくるのは靴の嫌な臭い。洋服と違い気軽に洗えないものですが、靴内部はあまりキレイとは言えないですよね。

夏場はいつもより定期的に靴の掃除をすることをオススメしますが、いつもの洗濯に重曹をプラスしてみてはいかがでしょうか。実は、重曹は靴の臭い対策に効果的なんです。今回は、重曹を使ったお手軽な靴の臭い対策を紹介します。それではどうぞ!

 

重曹を使った靴の洗い方

重曹を使った靴の洗い方はとてもシンプルです。まず、バケツもしくは靴が入る位の洗面器にお湯を張りここに重曹を投入します。この中に、中敷を外した靴を入れ5時間ほど放置します。

 

あとは通常と同じように洗うだけでOKです。洗う時に洗剤に重曹を溶かして洗うとより効果的です。すすぎは念入りに行なって、しっかり水気を切ってください。洗剤カスがある場合は、雑菌が繁殖する元にもなりますので注意して下さい。

重曹に漬け込むことで、汚れが落ちやすくなり臭いもなくなります。いつもの靴掃除にプラスするだけで、かなり変わってくるのでぜひお試し下さい。

 

ブーツや、洗えない靴に重曹を使った臭い対策

kutu

スニーカーは気軽に洗えますけど、ブーツなど洗えない靴もありますよね。そんな時の靴内部の臭い対策にも重曹が効果を発揮します。用意して頂くものは、

①重曹

②伝線したりして使わなくなったストッキング

上記2点のみです。

まず、ストッキングを適当な長さに切り、そこに重曹を入れます。

重曹が漏れないように口を縛り、あとはこれをブーツや靴の中に入れるだけでOKです。重曹の消臭効果が、臭いをぐんぐん吸収してくれます。

これは何度も使えますので、自宅に帰ってきたら毎回靴の中に投入して下さい。効果が薄くなってきたかな?と思ったら、その重曹はキッチンで使用したり靴の浸け置き洗いなどに使用して下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。普通に靴を掃除しても、なかなか臭いが取れないことはあります。スーパーやドラッグストアで手軽に購入できる重曹を使えば、靴の嫌な臭いを除去することができます。ぜひ試してみて下さい。

靴の臭い対策と併せて、足の臭い対策をしたい人はコチラの記事もどうぞ。

すぐ出来る!気になる足の臭いには重曹足湯が効果的

関連記事