ココナツオイルの次はコレだ!ヘンプシードオイルのスゴイ効果

hempseedoil

ココナツオイルやら美容情報はIT情報並みに更新が早いです。ココナツオイルが話題になってそんなに経ってない気もしますが、次の候補が出てきています。

その名もヘンプシードオイル。その名の通り、ヘンプ=大麻の種子から抽出されるオイルですが注目されるだけあり、効能がスゴイです。

今回は、ココナツオイルの次に来そうなヘンプシードオイルを紹介します。それではどうぞ!

 

ヘンプシードオイルとは?

ヘンプシードとはその名前の通り、麻の実から採れる種子から抽出されたオイルのこと指します。え?麻?と思った方、そうです大麻草の種子です。

でもご安心下さい、ヘンプシードは麻薬成分がない箇所で作られたオイルなのでもちろん無害です。むしろ、その栄養価の高さや美容効果の高さから今、注目されているオイルでもあります。

 

ヘンプシードオイルの効果

じわじわとヘンプシードオイルの注目度が上がってきているので、ここでヘンプシードオイルの効果をまとめてみたいと思います。

まずヘンプシードオイルには血圧を下げたり、心臓病のリスクを抑制したり、ガンのリスクを下げるなど成人病の予防に対して効果があるといわれています。

特に栄養面でもビタミンA,C,Eなどその他にもたくさんの栄養素が含まれておりかなり栄養価は高いといえます。

その中でも、アミノ酸を多く含んでいるのですが9種類もの必須アミノ酸を含んでいます。

そして、特筆すべき点はオメガ3、オメガ6などの不飽和脂肪酸を含んでいること。これらの不飽和脂肪酸は体内で生成することは出きませんし、これらを多く含んだ食材もそんなにあるものではありません。

これらの不飽和脂肪酸が成人病などの病気リスクを抑制してくれたり、コレステロールの値を低下するのを手助けしてくれます。

 

女性にとっても嬉しい効果も

ここまでヘンプシードオイルの栄養価の高さなどを紹介しましたが、スキンケアとして使うことも可能です。

顔に塗ったり身体に塗ったりと、大活躍してくれます。特に夏場のダメージを受けたお肌には効果的ではないでしょうか。

ビタミンAは抗酸化作用や抗炎症作用がありますし、ビタミンCは紫外線でダメージを受けたお肌に良いです。

また不飽和脂肪酸の一つである、ガンマリノレン酸は肌のターンオーバーを正常化してくれアレルギー症状の抑制に一役買ってくれます。

使い方はとても簡単でそのままマッサージオイルとして使ってもOKですし、クリームに混ぜて使うことも出来ます。

頭皮や髪の毛まで使えるので全身に使えるから便利ですよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ヘンプシードオイルはあまり取り扱っている所もそんなに多くないのですが、ネット通販などで口コミを見つつ、自分に合ったヘンプシードオイルを見つけてみてはいかがでしょうか。

ぜひ参考にしてみて下さい。ヘンプシードオイルも気になるけど、マルラオイルも気になるという人はコチラの記事もどうぞ。

ココナッツオイルはもう古い!マルラオイルのスゴイ美容効果まとめ

 

関連記事