歯のクリーニングを定期的に行わないといけない理由とその勧め

teeth copy

歯のクリーニングって定期的に行っていますか?日本では歯が痛くなってから歯医者に行くのが一般的ですが、欧米では歯が痛くなるならないに関わらず、定期的に歯医者に通院するのが一般的です。

これにより、歯を健康な状態に保つことができます。できれば、虫歯にはなりたくないし口のトラブルも未然に防ぎたいですよね。今回は定期的に歯をクリーニングする必要性や頻度、料金などについて紹介します。それではどうぞ!

歯のクリーニングを定期的に行わないといけない理由とその勧め

歯のクリーニングとは?

歯のクリーニングとは、文字通り歯の汚れを除去することです。これはホワイトニングではありませんが、結果として歯のお掃除をするので、着色汚れを取って歯を綺麗に見せる効果もあります。

タバコを吸う人や、コーヒーやステインによる着色汚れが気になる人は定期的なクリーニングをお勧めします。そして、もう一つの大事な効果としてバイオフィルムの除去が期待できます。

このバイオフィルムというのは、口内の細菌が歯表面に展開する汚れの膜のようなものです。これって実は普段の歯磨きでは取れないんですよね。その他にも、歯垢もしっかり取り除いてくれます。ちなみに、歯垢も歯磨きでは取れず専用の器具でないと除去することができません。

こうして考えてみると、普段の歯磨きでは除去できない汚れってけっこうあるんですね。特に歯は痛くないから大丈夫という人も注意が必要です。

歯は痛くないかもしれませんが、口臭は気になりませんか?歯茎は下がってきていませんか?普段、歯磨きではケアできない汚れを放っておくと大小様々なお口のトラブルを引き起こすことに繋がるかもしれません。

 

歯をクリーニングすることのメリット

実際に歯医者の方に聞いたのですが、歯をクリーニングすると劇的に口内環境が改善されるとのことです。これは、着色汚れが取れたり、口臭がなくなったり様々です。

上述したように、普段の歯磨きでは落とせない汚れだからこそプロによる専用のクリーニングが必要なんですね。歯の汚れを除去してくれると共に、歯の表面をツルツルに仕上げてくれるので汚れが再付着しにくい状態にしてくれます。

そして、定期的にクリーニングを受けていると虫歯や口内トラブルになりにくい予防策として効果を発揮します。また、定期的な検診になるので、虫歯などがひどくなる前に事前に発見することができ早期治療にもつながります。

 

クリーニングの頻度とその費用

では実際にどの位の頻度で、クリーニングを受ければ良いのでしょうか?一般的には、半年に1回位が目安と言われています。ただ、これは受信している歯科医の方の治療方針にも異なりますので、かかりつけの歯科医に尋ねてみるのが一番です。(歯科医によっては1ヶ月とか2ヶ月とかもあります)

そして、クリーニングの費用ですが大きく分けて二つの種類があります。

1)歯周病予防のためのクリーニング

健康保険が適用されるので3000円位

2)審美を目的としたクリーニング

保険が適用されないので、5000円〜20000円

 

少しばらつきがありますね。いずれにしろ、かかりつけの歯科医がどのようなクリーニングを行っているかによって診療内容や費用は変わってきますので、一度聞いてみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。普段、歯磨きをしっかり行っている人でもセルフクリーニングの限界があります。やはり、口のことはプロに相談するのが一番です。

虫歯でもなんでもないのに、お口の掃除のためだけに歯医者に行くなんて気がひける・・と考えている人。行っていいんです。むしろ、バンバン来てくださいって言ってました。

口のトラブルって放っておくとひどくなったり最悪歯を抜いてしまう場合もあります。そうならないための予防と、早期発見のために定期的なクリーニングを行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事