居酒屋店主が江戸へタイムスリップするグルメ漫画『銀平飯科帳』が面白い

銀平飯科帳 1 (ビッグコミックス)

新品価格
¥596から
(2017/11/6 11:55時点)


現代のとある居酒屋店主が偶然から江戸時代にタイムスリップしてしまうというグルメ漫画『銀平飯科帳

創作居酒屋を出店するも、料理の基礎がなってないため閑古鳥が鳴いていたお店でしたが、江戸にタイムスリップをして得たレシピをもとに創作料理を考案し、客足が戻ってきます。

紹介されている料理も美味しそうなのですが、江戸時代のちょっとした知識も紹介されているので江戸時代通になるかも。

今回はとある男性が江戸へタイムスリップするグルメ漫画『銀平飯科帳』を紹介します。それではどうぞ!

 

銀平飯科帳』のあらすじ

創作料理を提供する居酒屋を営む銀次は、毎日変わった料理を作っていました。

はじめは面白がって来店していた客も、次第に遠のいていき赤字続きの経営が続きます。幼なじみで老舗の蕎麦屋の跡取りである平賀から、銀次は何事も中途半端にやるからいけないことを指摘されます。

 

銀次は、勤めていた和食店を退職後、フレンチ・イタリアンなど様々な店を渡り歩いてきましたがどのお店での修行も長くは続きませんでした。

幼なじみに痛いところをつかれてしまった銀次は落ち込み、外出中に見かけた神社で過去に戻ってやり直せるよう神頼みをします。

 

すると、突然雨が降り出したので神社の中へいったん避難します。しかし、避難した際に足を滑らせて神社内の井戸に落ちるのですが、気づいた時には江戸時代へタイムスリップしていました。

そこで出会った膳奉行(将軍の料理役)の長谷川平蔵から、その料理の知識を見込まれ仕事の手伝いをすることになります。

 

料理に興味がある人は必見の一冊

いろんなグルメ漫画がありますが、昔の料理にフォーカスしてここまで掘り下げた漫画ってないような気がします。

作者の河合単先生の取材に脱帽です。例えば、江戸のお酒ってお店で提供される時は水で薄められて提供されるらしいのですが、お店で飲んで村に帰るまでには酔いが覚めるので『ムラサメ』と言ったりするそうです。

gin1 copy

 

他にも、マグロは江戸時代には下賤な食べ物で武士や上流階級は口にしなかったとか。ウンチクが増えそうです。

江戸時代の知識以外にも、多くの料理が紹介されておりどれも実際に作って試したくなるような品ばかりです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、江戸時代へタイムスリップするグルメ漫画『銀平飯科帳』

読んでいると、料理の知識や江戸時代に詳しくなっていく漫画です。中には実際に作って試せるようなレシピもあるので、自宅で再現してみるのも面白いかも。

同じようにタイムスリップ系の漫画で、信長のシェフという漫画があります。

こちらは現代のフレンチのシェフが戦国時代へタイムスリップし、信長の専属シェフとして仕える漫画。こちらも面白いです。

▼オススメ記事

現代のシェフがタイムスリップする漫画『信長のシェフ』が面白い

人生最後の日は何食べる?漫画『最後のレストラン』が面白い

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事