蓋が開かない!という時に試したい方法4選

bin

久しぶりにジャムを塗ろうとしたけど蓋がなかなか開かずにイライラしたことはありませんか?ジャムに限らず、蓋付きの製品で普段使用しないものを久しぶりに使用すると、蓋がなかなか開かないという事は多いと思います。

 

特に女性の人は固くなった瓶の蓋を開けるのは難しいと思います。しかし、一工夫するだけで瓶の蓋を簡単に空けることが出来ます。今回は、固くなって空かなくなった蓋を簡単に開けるtipsを紹介します。それではどうぞ!

 

蓋の部分を加熱する

蓋の部分を加熱すれば、蓋は開きやすくなります。加熱できればどの方法でも良いのですが、フライパンに水を入れ加熱した所で瓶を逆さまにして投入し1分位放置するのがオススメです。

 

水の温度は熱湯でなくても大丈夫なので、ちょっと熱いかな?と思う50度前後で大丈夫です。開ける際には蓋が熱くなっていますので、気をつけて下さい。

 

瓶をバンバン叩く

少々手荒な方法ですが、瓶をテーブルなどにバンバン叩きつけるのも効果的です。音がうるさくなってしまうので、タオルなどを敷いて行なうと良いでしょう。瓶の底側、蓋側どちらでもOKです。10回ほど叩きつけると開けやすくなります。

 

グリップ力を高める

上記2つの方法を試してもらうと蓋が開きやすい状態になっていると思います。ここからさらに開けやすくするためにグリップ力を高めましょう。こうすることで、加えた力が逃げずにダイレクトに蓋に力を伝えることができます。

方法としては、蓋に輪ゴムを巻いてグリップ力を高める方法やゴム手袋を使う方法がオススメです。ブツブツが付いている軍手でもOKです。

 

瓶と蓋の間にスキマを作る

瓶と蓋の間にスキマを作ることで、蓋が開きやすくなる方法もあります。

まず、バターナイフかマイナスドライバーの先端を瓶と蓋のスキマに入れます。グッと捻ると空気が抜ける音がしますので、これでOKです。後は通常と同じ手順で蓋を開けてもらえば開きやすくなっていると思います。

 

面倒だから便利グッズを使いたい!という時は

上で紹介した方法で大抵の蓋は開くと思いますが、もっと簡単に開けたい!という人のために便利グッズを紹介します。電動瓶オープナー『BIN ARC(ビンアーク)』という製品は、瓶の上に置いてスタートボタンを押すだけで自動で瓶を開けてくれます。

人間の力は一切必要ないので、一人暮らしの女性や両親へのプレゼントに良いかもしれないですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。開かなくなった瓶は一手間加えるだけで、女性でも簡単に開けることができます。ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事