不滅のあなたへ4巻の感想。この作品の中でこの巻が一番好きかも

聲の形の作者が描くSF漫画「不滅のあなたへ」

不死の能力を持つ生物が旅をしながら様々な人と出会い成長していく物語。

今回はその不滅のあなたへの4巻を読んだ感想となります。

ネタバレも多分に含んでいますので、不滅のあなたへのネタバレがNGな人はこちらの記事をどうぞ。

聲の形の作者が描く話題作、不滅のあなたへ

不滅のあたなへのネタバレがOKな人はそのまま読み進めてください。それではどうぞ!

 

不滅のあなたへ4巻のあらすじ

グーグーやリーンと一緒に暮らすようになった4年。

その間はノッカーの襲撃もなく平和に暮らしていました。

そんな中、グーグーが小さい頃に面倒を見てくれていた兄が現れます。

グーグーの兄は以前、グーグーの貯金を奪って置き去りにした過去を持ちます。

その後、グーグーは酒爺に拾われ、フシと出会いリーンとも出会えたわけですが、そんなグーグーの前に今さら兄が姿を見せます。

 

目的は過去の過ちを償ってグーグーと一緒に暮らすこと。

しかし、グーグーはこの申し出を拒否し今の生活を続けることを告げます。

そんな二人のやりとりを見ていたリーンは、昔自分を事故から救ってくれた青年がグーグーであることに気づきます。

 

リーンの14歳の誕生パーティー

リーンには14歳となる誕生パーティーが迫っており、そのパーティーにグーグーとフシは招待されます。

リーンのために何をプレゼントしようか悩むグーグー。

彼はリーンのためにユメキキョウという紫色の花を選び、パーティーに持参します。

 

さっそくリーンの屋敷に着いたグーグーはリーンにユメキキョウの花をプレゼント。すると、周囲からはどよめきが・・・

実はこの花は以前、リーンが事故にあった時に持っていた花で彼女のトラウマをえぐる花として周囲には知られていました。

 

しかし、リーンは何も言わずにグーグーからこの花を受け取ります。

そして二人は昔、事故で繋がっていたという過去をお互いに確認します。

 

突然のノッカーの襲来

リーンとグーグー、二人の距離が近くなった瞬間、突然リーンの屋敷が崩壊します。

4年ぶりにノッカーが襲撃してきたのでした。もちろん、標的はフシ。

前回は、グーグーの火炎吐き(アルコール度数の高いお酒を使って火を吐く)でノッカーを撃退しましたが、今回のノッカーは体表を岩で覆っており炎が効きません。

そうです、ノッカーは前回の敗北から学んで弱点を克服するという性質を持っています。

 

ノッカーの襲来により崩れていく建物。この建物の瓦礫にグーグーとリーンは重なりあうように生き埋めになってしまいます。

リーンが潰されないように身を挺してかばうグーグー。

そして、グーグーの身の危険を察知するフシ。フシの善戦もむなしく無事にノッカーを撃退したものの、グーグーは死亡してしまいます。

 

グーグーとリーンの別れ

ノッカーとの戦いが終わった後、フシはこの国を離れることを決心します。

今回はフシを狙ってやってきたノッカーが結果的に町の人を傷つけたり、グーグーの命を奪いました。

その点に負い目を感じたフシはこの街を離れることを決意します。

 

一方、意識を取り戻したリーンはグーグーの元を訪れます。

この時にフシはグーグーに変身し、死んだのはフシだと嘘を言います。

しかし、この嘘もリーンは密かに気づいていたわけですが。。。

 

その後、フシはピオラン(祈祷師)と一緒に旅に出ます。

次に到着した場所はあの世の楽園、ジャナンダ島。島流しにあった犯罪者たちが暮らす島です。

 

不滅のあなたへ4巻の感想

今まで4冊、不滅のあなたへを読んできましたが一番泣いた巻になりました。

グーグーとリーンが・・・切なすぎる。

やっとお互いの気持ちが通じたと思った矢先にノッカーの襲撃。悲しすぎます。

 

不滅のあなたへの展開がフシがいろんな人と出会い、別れを描く漫画というのは分かりますがかなり感情移入をしてしまった巻になりました。

さすが読ませる漫画だなぁ・・・

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール