UROKO

-目からウロコな記事書いてるかも-

*

【ネタバレ】ついに復讐教室が完結!最終話を振り返ってみる

      2017/02/20

復讐教室 7巻

いじめたクラスメイト全員に仕返しをするため復讐の鬼となった主人公。

そんないじめらっ子がクラスメイトが全員いなくなるまで、抹殺を続けていくという漫画「復讐教室」

今回はそんな復讐教室が完結を迎えたので、最終話や黒幕の正体について触れたいと思います。

復讐教室のネタバレがNGな方はこちらの記事をどうぞ。

いじめられた側がいじめた人間に復讐していくマンガ『復讐教室』

ネタバレOKな人はそのまま読み進めてください。それではどうぞ!

スポンサーリンク

【ネタバレ】ついに復習教室が完結!最終話を振り返ってみる

復讐教室、ここまでのあらすじ

そもそも主人公の彩菜がいじめられていた原因は、クラスメイトの真莉という生徒が原因でした。

真莉の父親は彩菜の父親のせいで、自分の父親が自殺しておりそれが原因で彩菜を逆恨みします。

娘の彩菜を追い込むことで自分の父親を死に追いやった藤沢総一郎に復讐しようと考えていました。

そんな彩菜も最初はいじめに対して為す術なく、されるがままだったのですが自殺を考えた瞬間から今まで自分をいじめてきた人間を道連れにしてやろうと考えます。

そこから、入念に計画を立てて自分をいじめていたクラスメイト全員を道連れにするシナリオを実行します。

 

美穂を人質に取った真莉との最終決戦

いじめの首謀者は真莉だと分かり、美穂は実は味方だったと知った彩菜。しかし、味方であるはずの美穂も真莉に人質に取られてしまいます。

真莉が指定したのは因縁の学校。ここで彩菜は真莉との決着を付けることを決心します。

 

学校に行き全面対決に臨むわけですが、この時に美穂は命を落とします。

美穂が命を落とした具体的な原因はないのですが、彩菜をいじめていた主犯格の真莉・詩織・真央を殺人犯に仕立て上げるため自ら命を落としたようにも見えます。

この時に美穂と彩菜がやりとりしていた電話の通話記録を全て残していました。

電話では真莉が彩菜を脅迫している内容がバッチリ録音されています。

美穂を殺された怒りから、モップで真央を殴打する彩菜。

そして、最後の直接対決で彩菜は真莉にナイフを突き立て復讐を遂げます。

 

ここで彩菜の手駒である藍とも遭遇するのですが、藍にはもう用済みと言って自分の目の前から消えるようにと突き放しています。

無事に全てが終わったと思った彩菜ですが、学校に招かれざる客が訪れます。

 

学校に乱入してきた人物

学校に乱入してきた人物は翔太。以前に彩菜は翔太を倉庫に閉じ込めていました。しかし、どうやって鍵を開けたのか翔太はチェーンソーを持って学校に乱入してきました。その表情は虚ろで精神が崩壊していた人間の顔をしています。

傍らには首を撥ねられた藍の姿も・・・

 

翔太から逃げる際に、光がある方向へと逃げるのですが誤って学校の窓ガラスを突き破ってしまい階下に転落してしまいます。

 

意識を失った彩菜

一連の出来事の後、彩菜は意識不明のまま時間が過ぎていました。

メディアではこの事件を「復讐教室事件」と名付け、学校側に過失がなかったのか、いじめの被害者でもありこの事件の容疑者でもある彩菜に注目が集まっていました。

意識の戻らない彩菜の病室を訪ねている人物の姿が。

それはレンでした。彼は彩菜へのいじめに加担した過去がありますが、本心では彩菜に思いを寄せていました。

そして、レンは病院の外で山瀬裕也とこれからについて話していました。

マスコミが嗅ぎ回っていること、生き残った他のクラスメイトのその後など。

しかし、話しの途中でレンは山瀬裕也の本当の正体に言及します。

彼の本当の名前は山瀬裕也ではなく、藤沢裕也。つまり、彩菜と兄弟だったのです。

 

裕也の母親は旧姓が山瀬沙也と呼ばれる藤沢総一郎の従姉妹です。

これは美穂も気づいていたのですが、今回のいじめの構図である彩菜と真莉の対立には当事者の思惑ではなく他の人物が2人が争うようにけしかけた印象があると感じていました。

 

実はその人物こそが裕也であり、彼はその卓越した人心掌握術と観察力でこのいじめの構図を1人で描いたのでした。

ちなみに翔太を倉庫から出して彩菜を襲わせたのも裕也です。

 

裕也は昔から相手の心を読むことに長け、相手がどう動くかが分かるので自分がやること全てが予定の範囲内でした。

そんな退屈な日々を過ごしてた時に現れたのが、父親が自殺して心が壊れた真莉。

彼はその真莉を復讐鬼に作り変えて、彩菜にけしかけたのです。

その告白を聞いて立ち尽くすレン。しかし、レンは裕也に危害を加えることはできず、ただただ絶句していました。

 

まとめ

いかがでしょうか。今回、漫画「復讐教室」の最終話を振り返ってみました。

蓋を開けてみると意外な人物が黒幕でしたね。漫画の最後にはこの復讐の連鎖は止まることはないと裕也が発言し、テレビで終わることのないいじめによる事件が放送されています。

まさにリアルの社会が抱える問題を提起したような漫画ですね。復讐教室は全7巻で完結するわけですが、まだ読んだことがない人はおすすめの漫画なのでぜひ読んでみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは新しくリリースされた『マンガほっと』です。
ドラマ化された原作漫画や北斗の拳などの名作を無料で読むことができます。
驚きなのが全話無料開放されている作品もあり、今なら初回インストールで100話分のライフがプレゼント中です!
Android版をインストール
※配信期間が終了している場合もあります

スポンサーリンク

 - 書籍・漫画

▼オススメ記事 祝!映画化!無料で読めるweb漫画『ReLIFE』が面白い

スポンサーリンク

  関連記事

↑PageTop