歴史上の偉人が異世界に迷い込み戦う漫画『ドリフターズ』が面白い

織田信長、ジャンヌダルク、ヒトラーなど古今東西の偉人達(歴史も違う)が異世界に迷い込む漫画『ドリフターズ』 本作の主人公である島津豊久は関が原の合戦中、命を落とします。

しかし、気がつくとそこは異世界でした。その異世界では自分がいた世界と同じように戦争が起こっており、異世界で出会った織田信長と共に国盗り合戦を行なうことに。

 

今回は、歴史上の偉人が異世界に迷い込み戦う漫画『ドリフターズ』を紹介します。それではどうぞ!

 

ドリフターズのあらすじ

d2

1600年、関が原の戦いで島津家の武将・島津豊久は命を落とすことになります。しかし、目を覚ますとそこは自分が知らない世界でした。

そこはエルフやオークが暮らす、異世界で同じように異世界に迷い込んだ織田信長や、弓の名手である那須与一と出会います。ちなみにタイトルにある『ドリフターズ』とは、異世界に迷い込んだ『漂流者』のことを指します。

 

自分がいた世界と同じように争いが絶えないこの世界で成り行き上、島津豊久達は帝国に支配されているエルフの村を解放するため立ち上がります。ドリフターズはなぜこの異世界に召喚されたのか、先が気になる漫画でもあります。

d3

色々な歴史上の偉人が登場する

本作の主人公的なポジションのキャラクターは島津豊久、織田信長、那須与一の3人でしょうか。それぞれ時代背景が違う人物達ですが、3人でエルフの村を解放します。

ドリフターズ勢に対して、敵対する軍勢もいます。敵の軍勢も同じく、ジャンヌダルクや土方歳三、ラスプーチンなど歴史上の人物で構成されています。

d4

ラスボスは黒王と呼ばれる謎の人物

ジャンヌダルクや土方歳三率いる軍団のボスは、黒い装束を身にまとった人物です。生命を無限に増やすことが出来る能力を有し、薪などの燃料や種籾などの食糧を無限に増やすシーンがあります。

 

また、治癒能力にも長け傷ついた戦士の傷を治すというシーンもあります。フードを被っているので顔が見えないのですが、手には杭で貫かれた傷跡が・・誰もが知っている人物を思い浮かべてしまいますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。歴史上の偉人が異世界に迷い込み戦う漫画『ドリフターズ』 こちらはかなり前から連載されている漫画なのですが、なかなか次巻が発売されず話の続きが気になる漫画でもあります。

アニメ化も決定したので今後メディアでの露出も高まるかも。

キングダムなどの軍略を交えた漫画が好きな人は気に入ると思います。参考までにどうぞ。

ドリフターズ(1) (ヤングキングコミックス)

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料対象の試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
※1日に無料で読める話数には上限があります。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事