破滅的世界観が怖いパニックサバイバル漫画『ドラゴンヘッド』が怖い

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

かなり前に発刊された作品なので、あまり知っている人はいないかもしれません。とある学生が修学旅行の帰りに、大地震に見舞われ新幹線ごとトンネル内に閉じ込められます。

 

生きるか死ぬかの極限状態が及ぼす環境で、人間の本質を描くパニックサバイバル漫画です。トンネルが崩落してそのまま閉じ込められた経験はもちろんないので、どういった心理になるのかは分かりませんがおそらくこんな感じになるだろうなと簡単に想像できてしまうのは、作者の望月峯太郎さんの表現力が大きいと思います。

今回は破滅的世界観が怖いパニックサバイバル漫画『ドラゴンヘッド』を紹介します。それではどうぞ!

 

ドラゴンヘッドのあらすじ

主人公の青木輝ことテルは、修学旅行の帰りの新幹線で災害に遭います。トンネル内が地震の影響で崩落し多数の死者を出すのですが、主人公のテルと同級生のアコは一命を取り留めます。

 

時を同じくして一命を取り留めた元・いじめられっ子のノブオと共に何とかトンネルの外へ出ようと計画します。しかし、長期間トンネルに閉じ込められたストレスからノブオが発狂し、話しはどんどんカオスな方向へ。

 

ようやくトンネル外に出たテルとアコを待っていたのはトンネル内よりもさらに劣悪な荒廃した環境でした。極限の状態が人間に及ぼす影響・暴力や狂気をはらんだカオスなパニックサバイバル漫画です。

d2

世間が関東大震災を騒ぐよりも前に描かれた作品

この『ドラゴンヘッド』は1994年から1999年まで週刊ヤングマガジンで掲載された作品で、東京での大震災が予想されるよりも前に災害をテーマにした作品でした。

その終末論的な世界観は1999年に騒がれたノストラダムスの大予言を、意識した作品であるような気がします。話が進むにつれて、ただの地震ではなくもっと大きな災害だと知るわけですが極限の状態で描かれた人間の狂気や暴力には息を飲みます。人間って極限状態に陥ったら、精神が破壊されちゃうものなんですかね・・

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。その独特な世界観で賛否両論分かれると思います。しかし、衝撃的な作品であることには間違いなしなので興味がある人はぜひ書店で手にとってみてください。

 

タイトルにある『ドラゴンヘッド』の意味も読み進めていくと分かると思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

サバイバル漫画で他のオススメも紹介しています。コチラの記事もどうぞ。

災害に備える!オススメのサバイバル漫画5選

ドラゴンヘッド(1) (ヤングマガジンコミックス)

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.