【デビルズライン ネタバレ】デビルズライン6巻の感想を書いてみる

デビルズライン(6) (モーニングコミックス)


鬼と呼ばれる人の生き血を啜る種族と人間が共存する社会を描いた漫画『デビルズライン』

今回はそのデビルズライン最新巻6巻のネタバレ記事です。デビルズラインのネタバレNGな人はこちらの記事をどうぞ。

『デビルズライン』鬼と呼ばれる存在と人の愛や欲望を描いた漫画

デビルズラインのネタバレOKな人はそのまま読み進めてください。それではどうぞ!

 

石丸と戦う安斎

CCCから逃走中のゼロナナとゼロキューと接触に成功した安斎と石丸。

彼らの目的はCCCの内部情報を聞き出すことを目的にゼロナナ達と接触しました。

ゼロナナやゼロキューの住処の確保や逃走資金の援助を材料としてCCCの情報を引き出すことを計画します。

お互いの利害は一致し、いったんは手を組むことに合意します。

その取引場所となったファミレスでちょっとした事件が発生します。ある高校生の男の子(鬼)が同級生から悪ふざけで血を見せられるという場面に遭遇します。

案の定、その男の子は暴走しますが取り押さえようとした安斎は逆に、組み伏されてしまいます。石丸の手柄でその場は収めることができましたが、石丸から倉庫に呼び出しを食らい一戦交えることになります。

石丸曰く、上司として部下の実力を測る必要があるためです。

石丸は人間ながらも鬼に劣らない体術の持ち主で、鬼化した安斎でも苦戦します。

その場は駆けつけた平や沢崎によって止められます。

しかし、鬼に対する知識があったりと謎の部分が多い石丸ですがその正体が明かされます。

 

実は石丸もCCC側の人間だった

雨の中、一人たたずむ石丸はおもむろにスマホを取り出し電話をかけます。

電話に出た相手はなんと『菊原』CCCの指揮官ですね。そして、菊原は石丸のことを『13(ジェイソン)』とコードネームで呼びます。

安斎達の指揮官を務める石丸も実は菊原の手先だったんですね。

そして、石丸は安斎達を捕まえるためCCCのアジトに潜入するという罠を仕掛けます。これは、CCCの帳簿を奪うという石丸が立てた作戦なのですが、実は安斎達をアジトにおびき寄せる罠というわけです。

そして一方ではCCC内部でも極秘のミッションが菊原より下ります。それは11(イレブン)を06(レーロク)に消させるというものです。

CCCは今後、法人として表立って活動をするため内部の人員を入れ替える必要があります。

もちろん、普通の会社のようにクビというわけにはいきません。内部の事情を知ってしまっているのでクビ=処分されるという運命なんですね。

ただ、その指令を受けた06(レーロク)自身は迷いがあるようにも見えますが・・・

まとめ

味方側だと思っていた石丸がCCC側の人間だということが判明しました。

石丸のコードネームが13(ジェイソン)ですね。菊原が02とそれぞれにナンバリングされていますが、まだまだ正体が明かされていないCCCメンバーがいるということになりますね。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料対象の試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
※1日に無料で読める話数には上限があります。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事