口臭予防や歯周病予防にはデンタルフロスが超オススメ

denta1

食後の習慣にデンタルフロスをする人はあまり多くないのではないでしょうか。デンタルフロスとは、いわゆる糸ようじのことで糸を歯間にくぐらせて食べかすや汚れを落とすものです。

 

日本ではデンタルフロスよりも小林製薬が発売している糸ようじが一般的かもしれませんね。欧米ではデンタルフロスの習慣が一般的ですが、日本ではあまり馴染みがありません。実は虫歯や歯周病の原因の9割は歯の間の汚れから発生しています。

 

今回は歯周病対策や口臭予防に効果のあるデンタルフロスを紹介します。それではどうぞ!

 

歯間の汚れを取り除くことが口内環境改善につながる

冒頭で述べたように、歯の間の汚れが虫歯や歯周病の原因となります。その占める割合はなんと9割。効率的に歯間の汚れを取り除くことが口内環境の改善に繋がります。

 

しかし、歯ブラシによる歯磨きでは歯間の汚れを完璧に取り除くことができます。歯ブラシは歯の表面の歯垢や汚れを取り除くには効果的ですが、歯間の汚れを取り除くには役不足です。歯間の汚れを効果的に取り除きたいのであればデンタルフロスがオススメです。

 

ドラッグストアで見かけたこともあると思いますが、糸状のものです。というか糸ですね。これを指に巻いて歯の間の汚れをこそぎ落とすわけです。『え、面倒くさい・・』と思うかもしれませんが一度試したら病みつきになると思います。

dental

デンタルフロスは口内環境のパロメータにもなる

デンタルフロスをしていると引っかかるような感覚になることがあります。これは初期の虫歯のサインとなるので早めの治療をすることができます。虫歯は初期の状態で治療するのが一番効果的です。

 

またデンタルフロスをした時に血が付いてしまった場合、これは歯周病の可能性があります。これは歯磨きをしている時には気付きにくいと思います。このように口内環境の変化にいち早く気付くこともできます。

 

デンタルフロスが苦手な人には糸ようじがオススメ

デンタルフロスを利用するメリットは分かって頂けたかと思いますが、正直デンタルフロスは慣れないと使いづらいです。そんな時にオススメしたいのが、小林製薬が発売している糸ようじですね。

6本の糸が束ねてあるので、歯間の汚れを効果的に取り除くことができます。使い心地を比較しながら自分に合ったものを見つけてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。口臭予防や歯周病予防にはデンタルフロスが効果的です。ちょっと面倒くさいと思う人も一度試してみてはいかがでしょうか。

口内環境を改善することができます。ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事