アウトドアのもう一つのスタイル、ブッシュクラフトとは?

bush

先日、興味深い記事を見つけました。

とあるオーストラリア人の女性が森で遭難し『ブッシュクラフト』を駆使して、身体に泥を塗って日光を防いだり服に苔を詰めて夜の寒さを凌ぎ5日間生き延びて見事生還したというものです。

日本ではあまり聞きなれない言葉『ブッシュクラフト』 ブッシュクラフトとは?ということで今回記事にしてみました。ブッシュクラフトって何?という方参考にしてみてください。それではどうぞ!

 

ブッシュクラフトとは?

ブッシュクラフトとは山や森林などの自然環境の中で、道具を極力使わずに自然にあるものを工作(クラフト)する行為や技術の総称になります。

サバイバルが自然からの『生還』を目的としたものであるのに対し、ブッシュクラフトは自然の中に溶け込む、生活するためを目的としています。

 

もともとの発祥は木こりさんが軽装備で山に入り、必要なものを現地調達としたのが始まりだそう。確かに、山に入る時ってフル装備するととても荷物が重くなりますからね。

海外で『bushcraft』で検索すると、Youtubeなどにブッシュクラフトの動画がたくさんアップされています。

見てみると凄く魅力的に感じるのは自分だけでしょうか。普段、パソコンと睨めっこするだけの毎日なのでパソコンとかスマホとかは置いて、自然の中でゆっくり過ごしてみたいなーと思う憧れがあります。

これから春になって過ごしやすくなったら山に入ってプチブッシュクラフトしてみようかな。

キノコに関する知識は自信がないので避けるとして、これからの季節だとタケノコやワラビなどの山菜狙いでしょうか。

鍋と油を持って行ってその場で衣付けて食べてみたいです。もはやブッシュクラフトでも何でもありませんが。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、ブッシュクラフトについて紹介しました。ブッシュクラフトに妙に魅力を感じているのは自分だけじゃないはず。

火のおこし方とか、ちょっとした木の加工とか覚えておいて損はないと思います。ブッシュクラフト挑戦してみようかな。

関連記事