新しい習慣になるかも?本を『聴く』サービスAudibleが面白い

Audible(オーディブル)-_アプリで本を聴こう。無料でスタート。

書籍販売大手のAmazonが手がける新しいサービス『Audible』が面白いので紹介を。

本は読むもの、というイメージが定着していますがAudibleは本を聴くサービスです。よくよく考えると、朗読というものもあるので本を聴くことは割とすんなり受け入れることができるのではないでしょうか。

 

私自身、漫画や書籍を毎月たくさん読むのですがどうしても時間が足りなくなってしまいますよね。バスや電車の移動時間に本を読みたいなぁと思うのですが、移動中に本を読むと酔ったり満員の場合は読めないことも。

そんな時にこのAudibleは力を発揮します。本を読みたいけど、時間がない人。1日の移動時間がけっこうまとまった時間になる人はオススメのサービスです。それではどうぞ!

 

Audibleとは?

Audible(オーディブル)は書籍販売大手のamazonが手がけるサービスです。

ユーザーは、専用のアプリをインストールすることで本を『聴く』ことができます。

取り扱っている書籍もビジネス書からライトノベル、名作、落語など幅広く20ジャンルの書籍が配信されています。

嬉しいのはその料金体系。月額1500円で登録されている全てのタイトルにアクセスすることができます。

本を一冊買うとこの位の金額はするので、金額的にはお手頃な価格だと思います。しかも嬉しいことに、最初の1ヶ月は無料なので『本を聴く』という習慣が自分に合うか合わないか無料期間に判断することができます。

 

こんな人にオススメかも

・本を読みたいけど、時間がない

・毎日の移動時間がけっこうある

・英語を勉強したい

・老眼で本を読む習慣がなくなった

こんな人にオススメです。筆者自身、本を読む方なのですが本を読む時間ってなかなか確保できないんですよね。しかも、文庫本以外はどの書籍も大きいので持ち運びも大変なのが難点です。

でも、よくよく考えると1日にスマホで音楽を聴いている時間ってけっこうあるんですよね。毎日の通勤だったり駅から会社までの道のりだったり。

 

この時間を全て本を読むことに充てることができたら・・・と思っていたのでドンピシャなサービスでした。

あと、英語でも配信されているタイトルがあるので英語を勉強したいという人にもオススメのサービスです。

スピードラーニングっていう有名な英語教材があると思うのですが、スピードラーニングも英語の聞き流しをオススメしています。参考書を読んでばかりじゃ英語は上達しないよねって感じている人にもいいかも。

 

そして、老眼で本を読む習慣がなくなった人にもオススメです。母親の影響で本を読むようになったんですけど、当の母親は最近老眼で本を読む機会がなくなったとこぼしていました。

 

先日、このサービスを教えたらさっそく利用していました。年代が上の人はスマホの操作に慣れていない人もいるので、操作が難しく感じるかもしれませんが慣れると結構簡単なものです。

親族に老眼の人がいたらオススメすると喜ばれるかも。

 

Audibleこんな感じで使ってみた

お、いいなと思ったのでさっそく利用してみました。自分の場合、月に10冊ほど本は読むのですが小説などは自宅でじっくり読みたい派なので、ビジネス書などの書籍をAudibleに切り替えてみました。

1日の移動時間とか、ちょっとした空き時間にAudibleを聴く習慣を取り入れてみましたが月に読める本の数が増えたのが嬉しいです。

 

小説は途中で途切れてしまうと、雰囲気とか話の繋がりが分からなくなるのでAudibleは使っていませんがビジネス書などは途中で止めてもそういったことはないので、自分のスタイルに合わせて使い分けするといいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、書籍を聴く新しいスタイルのサービス『Audible

特に本を読みたいけど時間がない、1日の移動時間を利用して何か勉強したい!という人にはオススメのサービスですので参考にしてみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事