新撰組の沖田総司を描く漫画「アサギロ」が面白い

asagiro1

『新撰組』『沖田総司』という単語を聞けば誰しもが知っている有名な団体・有名な人物。

 

その新撰組や沖田総司を描いた時代漫画「アサギロ」が面白いです。すでに新撰組として活躍する頃を描くのではなく、まだ沖田総司が小さい頃からを描いており、近藤勇を支えながら組が大きくなっていく様を描いています。時代もの好きな人はたまらないかも。

今回は新撰組を題材にした時代漫画「アサギロ」を紹介します。それではどうぞ!

 

『アサギロ』のあらすじ

奥州白川藩剣術指南役を担う村上。村上は御前試合である剣士と対決していた。対決と言っても真剣ではなく、木刀での御前試合だが、相手はまだ12歳の少年。

 

村上は果敢に攻めるも攻撃は見切られ、少年に次第に追い詰められていく。少年の名は沖田惣次郎。のちの沖田総司である。

この試合の発端は数日前に遡る。12歳というのに大人を打ち負かすほどの腕前と噂される少年の力量を剣術好きな殿が見たいということで、この試合は設定された。

 

最初、この試合の打診を受けてた村上は子供だから適当に・・・とたかを括っており竹刀の対決ではなく木刀での対決を受ける。これがそもそもの間違いだった。

asagiro2

相対した少年は噂に違わぬ、いやそれ以上の腕前の持ち主で村上は御前の前であるにも関わらず敗北してしまう。

 

この失態から切腹を決めた村上は沖田に介錯を依頼します。(切腹の手続きをしてもらうこと)

そして、沖田は12歳の少年とは思えないほどの剣さばきで見事に介錯を務める。(実際は手順を間違えてこの後、罰で投獄される)

 

時は新撰組が結成される前。まだ沖田総司の名前も近藤勇の名前も知られていない時代で、今から刀1つで武功を挙げていく新撰組の設立前から描かれている漫画です。

 

最初は沖田と近藤の二人だが

漫画「アサギロ」では沖田の幼少期から丁寧に描かれています。最初は沖田と近藤とメンバーは少ないですが、次第に土方歳三などの主要メンバーが増えてきて、天然理心流の名前が次第に世に広まっていく様子が描かれています。

時代好きな人で、幕末の頃の話しが好きな人にはぜひオススメしたい一冊。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、沖田総司の幼少期からを描いた漫画「アサギロ」を紹介しました。

天然ボケな沖田や底が見えない近藤勇、途中から参戦する土方歳三など新撰組好き・幕末好きにはたまらない一冊だと思います。

2009年から連載されており、現在既刊は14巻。幕末期をテーマにした漫画や小説は多数ありますが、内容が濃い漫画はなかなかないですよね。

その点、アサギロははっきり言って濃いです。まだ読んだことがない人はぜひ読んでみてください。オススメです。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事