国は燃え、残ったのは王子と騎士。王座奪還漫画『アルスラーン戦記』が激熱

漫画『鋼の錬金術士』の作者である荒川弘先生の最新作は、王座を奪還されたひ弱な王子と彼に仕える最強の騎士が王座を奪還していく物語です。

もともと『アルスラーン戦記』は小説家の田中芳樹先生原作によるファンタジー小説。壮大な世界観と骨太なストーリーは、読み手をグイグイと漫画の中に惹き込んでいきます。

今回は、原作:田中芳樹先生によるファンタジー小説とコミック化した荒川弘先生の最新作、『アルスラーン戦記』を紹介します。それではどうぞ!

 

アルスラーン戦記のあらすじ

大陸公路の中心に位置し発展を究めた王国、パルス王国。物語はここからスタートします。

パルス王国の王子であるアルスラーンは不敗の軍団を率いる最強の国王アンドラゴラス三世からは疎ましい存在と思われ、母である王妃からも無関心の対象でした。

しかし、心優しき王子であるアルスラーンは臣下から慕われる存在でした。

arusran1

ある日、アルスラーンは侵攻してきたルシタニアという国との戦争で初陣を飾ります。

軍団を率いるは未だ負けなしの国王アンドラゴラス三世。当然、今回の戦もパルス王国の勝利と思われていました。しかし、軍長のカーラーンの裏切りに遭い敗走することに。

 

国王敗走の一報を受けた軍団も敗走します。その頃、アルスラーンは深い霧の中で反逆者のカーラーンに命を狙われていました。

arusran2

しかし、間一髪の所で万騎長のダリューンが割って入り救われます。

その後、パルス軍を破ったルシタニア軍はパルス王都であるエクバターナも陥落させます。

命からがらダリューンと逃げ延びたアルスラーンは、知略家ナルサスを頼りに王座奪還を画策します。

 

ひ弱な王子を支えるのは最強の戦士達

冒頭部ではひ弱な王子として描かれているアルスラーンですが、彼の人徳もありアルスラーンの周りには少数ですが頼もしい仲間が集まってきます。

最強の騎士、ダリューンを始め天才軍師ナルサスなどです。後にも続々と仲間が増えていきますが、最初は3人で30万の敵に喧嘩売りますからね・・

物語の主人公であるアルスラーン王子の成長していく姿も見物です。

 

こんな人好きかも

『キングダム』とは若干、異なりますが軍略系の話しが絡む漫画や三国志が好きな人はハマると思います。

小説の方はすでに14巻まで発刊されており物語はかなり進んでいますが、漫画版『アルスラーン戦記』はスタートしたばかりでまだ巻数も少ないです。

ただ、連載開始から人気が一気に上がりアニメ化もしている作品でもあります。個人的には小説→漫画化すると世界観が損なわれたり原作の劣化版のような作品になると思っているのですが、とんでもないそこは流石の荒川弘先生

原作の世界観はそのままに、さらに新しい境地を見せてくれます。さすが鋼の錬金術士。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、国を失った王子が仲間と共に国を取り戻す漫画『アルスラーン戦記

まだ読んだことがない人は、間違いなく必読の一冊ですのでぜひ読んでみて下さい。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事