UROKO

-目からウロコな記事書いてるかも-

*

害獣と呼ばれるものとの戦いを描いた漫画「亜獣譚(あじゅうたん)」が面白い

   

小学館が運営する裏サンデーで連載が開始された「亜獣譚(あじゅうたん)」が面白いです。

江野スミ先生によるこちらの作品、まだ始まりの段階なのでなんとも言えませんがダークヒーロー系のファンタジーのような漫画です。

森に住む害獣と呼ばれる獣達とそれを狩る男。SFアクション系の漫画にも分類されますが、その世界館に思わず惹き込まれてしまいます。

今回は裏サンデーで連載中の漫画、「亜獣譚(あじゅうたん)」を紹介します。それではどうぞ!

スポンサーリンク

害獣と呼ばれるものとの戦いを描いた漫画「亜獣譚(あじゅうたん)」が面白い

あらすじ

アキミアと呼ばれる男は害獣駆除兵。アキミアは「森」に生息する害獣を駆除する任務につくものです。

いつものように森で害獣と呼ばれる生物を駆除するアキミア。捕縛しトドメを刺そうとしたその時に、謎の青年から妨害を受けます。

 

これにより捕縛していた害獣から反撃を受けて痛手を負ったアキミア。命からがら逃げて意識を失っていたところをソウという名前の衛生兵の女性に保護されます。

 

先ほどの戦いで受けた傷を縫合してもらい、なんとか一命を取り留めたアキミア。

この時にお互いのことを話しますが、ソウという女性は自分の弟を探してこの森の立ち入ったとのこと。

 

この森は害獣と呼ばれる化け物が住む森で、害獣は人間に害をなす存在です。被害を抑えるためにアキミアのような害獣駆除兵が駆り出されるわけですが、アキミアはソウが探している弟は先ほど自分を襲った人間かもしれないと当たりをつけます。

 

ソウの弟、チルについて

ソウの弟は3日前から行方不明でその弟を探すために、ソウはこの森へ足を踏み入れていました。

ソウの話によると弟は害獣好きの変わり者。アキミアにとってはありえない話しで、アキミアのような害獣駆除兵が命を賭けて駆除している害獣を好きだからという理由で保護するのは立派な犯罪。

 

アキミアは弟を見つけ次第、殺すとソウに告げます。事態の深刻さに気づいたソウは弟を見逃してほしいと懇願しますが、これに対しアキミアは自分と結婚してくれるなら弟を見逃しても良いと提案します。

 

害獣とは?

そもそも害獣とはどういった存在なのでしょうか?この漫画の重要な位置にある「害獣」という存在ですが、害獣は人間に危害を加える存在。

しかし、驚くことにこの害獣は元をたどれば人間です。害獣とはウィルスに感染した人間の成れの果てです。

姿が醜くく変異し、感情もなくしてしまった化け物になります。

 

元は人間で感染して害獣になる者もいれば、母子感染で害獣のまま胎児として産み落とされる者もいます。

しかし、中には例外的に害獣ウィルスの耐性を持つ人間もいて、死後に発症して害獣になる人間もいます。

通常は感染した段階で害獣に変異するわけですが、ごく稀に耐性を持つ人間は「ヴィエドゴニャ」と呼ばれ存命中は人間の姿で絶命するとウィルスが発症し害獣になるケースもあります。

 

実はソウの弟はこの「ヴィエドゴニャ」と呼ばれる人間で、おそらくそういった背景が彼が害獣を好きという特殊な感情を持ち合わせている背景になっているかと思います。

 

  • 害獣を狩るアキミアと呼ばれる男
  • 害獣予備軍の弟を持つ女性
  • 「ヴィエドゴニャ」と呼ばれる存在の弟

 

この3人の人間関係がこれからどのように展開していくか、先が気になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、害獣と呼ばれるものとの戦いを描いた漫画「亜獣譚(あじゅうたん)」を紹介しました。

まだまだ始まった漫画ですが、これほど続きやストーリー展開が気になった漫画は久しぶりな気がします。

主人公にも害獣にもまだまだ明かされていない謎がありますし、これからの展開が楽しみです。

この漫画は裏サンデーでも読めますし、後で紹介している小学館の漫画アプリ「マンガワン」でも読むことが可能です。

 

オススメの漫画なので、まだチェックしていない方はぜひ読んでみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『MAJOR』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメです。
iOS版をインストール
Android版をインストール

スポンサーリンク

 - 書籍・漫画

▼オススメ記事 祝!映画化!無料で読めるweb漫画『ReLIFE』が面白い

スポンサーリンク

  関連記事

↑PageTop