気づいたら許可されていたAdsenseの関連コンテンツ機能レビュー

ad2 copy

サイト運営者やブロガーの方でAdsenseを利用したことがある人は多いと思いますが、Adsenseの関連コンテンツ機能(β版)を利用している人はあまり多くないのではないでしょうか。

こちらの機能、全てのサイトが使えるわけではなく一定の条件を満たしたサイトのみ利用ができるようです。

新しく作ったサイトの追加申請をしていたら、当サイトの右側に関連コンテンツ機能の許可が・・・

お、これは何だ?と思いさっそく導入してみることに。

今回はAdsenseの関連コンテンツ機能をサイト導入してみたレビューです。

 

関連コンテンツ機能とは?

Adsenseの公式ページでは以下の説明がされています。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーが関心を持つコンテンツが見つけやすくなることで、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めます。

ちょっと分かりにくいですが、簡単に言うとGoogleがサイト内のコンテンツを判断しておすすめ記事として表示してくれる機能です。

関連記事を表示させることでサイトの回遊性を増やし、滞在時間やpvを増やすというものです。

 

ちなみにこの機能はどのサイトでも利用することはできません。一定の条件を満たしたサイトのみ利用できる機能のようです。

 

その一定の条件というのは公開されていないので、どこら辺で線引きをしているか難しいですね。

ちなみに当サイトだと、

運用期間:1年

コンテンツ数:約900記事

月間pv数:約40万pv

こんな感じです。気づいたら関連コンテンツ機能が開放されていたので、もしかすると結構前から利用できていたかもしれません。

 

もう一つ参考に、自分が持っているサイトで関連コンテンツ機能が利用できないサイトスペックは以下の通り。

運用期間:半年

コンテンツ数:150記事

月間pv数:11万pv

このサイトは関連コンテンツ機能が許可されていませんでした。8万pvほどでも利用できるという人もいたので、運用期間やコンテンツ数が重視されているのでしょうか。

 

関連コンテンツ機能の使い方

関連コンテンツ機能の使い方はとても簡単です。

Adsenseと同じようにユニットを作成し、そのソースコードをペタッと任意の場所に貼り付けるだけです。

Adsense管理画面>広告の設定>広告タイプで関連コンテンツを選択。

adsense-kanren

 

これで、関連コンテンツユニットを作成することができます。Adsesnseの広告ユニットと同じようにサイズを選択することができますので、サイトに合ったサイズを選択します。

ちなみに公式では下記のような説明があります。

関連コンテンツ ユニットは Google コンテンツのページあたりの広告数の上限にはカウントされません。

広告ユニットが3つなど上限が設定されているのに対して、関連コンテンツユニットは設置の上限はありません。

 

関連コンテンツ機能使ってみた

さっそく、このAdsesenの関連コンテンツ機能使ってみました。

貼ってもすぐには表示されません。5分ほどで表示されるようになります。

実際に見てみると、サイト内でよくアクセスされている記事が表示されているようです。

何度かテストをして見ていると、なんだか違和感が・・・

 

時々記事のサムネイルが別記事のものが誤って表示されているんですよね・・・

これは、、、自分のサイトだけに起こる現象なんだろうか・・・

 

よくよく考えるとwordpressで関連記事は表示させているんですよね。ロジックは同カテゴリー内のランダムな記事。

それに比べると関連記事の精度は高いと思いますが、、、

あと、関連コンテンツのユニットサイズをどの位にするかでも微調整が必要になります。

とりあえず336×280のユニットで作成してみたのですが、記事のサムネとタイトル文のサイズが合っていないので見切れます。

Adsenseではユニットサイズもカスタムできるので、1px単位で調整できるので見切れは解消できるのですが、サムネの件もあり重い腰が上がりません・・・今後、導入するかは要検討でしょうか。

→と、思っていたら関連コンテンツの中に広告が表示されるみたいです。設置するとしたら、記事直下のwordpressの関連記事を丸々差し替える感じかな。うーん、悩むなぁ・・・

 

まとめ

今回、Adsenseの関連コンテンツ機能を紹介しました。

最初はただサイト内の関連記事を表示させるだけの機能かと思っていましたが、その記事内にPRとして広告も入るみたいです。

ヤフーとかが取り入れている手法ですね。Adsenseの関連コンテンツ機能に関する情報で『収益』に関する情報はあまりないようなので、実際に設置してしばらく放置したらどれだけの効果があるのかも検証してみたいですね。

 

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事